広告 ホラー洋画

映画『ババドック 暗闇の魔物』あらすじと感想、ネタバレあり

ババドック 暗闇の魔物 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ババドック 暗闇の魔物』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

話は、アメリアと彼女の小さな息子サミュエルの生活からスタートするんだ。アメリアは夫を亡くして以来、シングルマザーとしてサミュエルを育てているの。サミュエルは、ちょっと特別な子供でね、毎晩怪物が来るって怯えてるんだよ。彼のこの怯えは、アメリアの日常生活にも影響を与えていて、学校や周りの人々との関係にも影響が出ているの。アメリア自身も、夫の死という過去のトラウマを抱えていて、その心の傷と息子の問題行動に悩まされてるのが見えるんだ。

ある夜、サミュエルが「ババドック」という絵本を持ってきて、アメリアに読んで欲しいと頼むの。でもこの絵本、めっちゃ怖いんだよね。不気味な絵とストーリーで、サミュエルはこのババドックが現実に出現すると信じ込んじゃう。アメリアは最初はそれをただの子供の想像だと思ってたけど、不思議な現象が起き始めて、徐々に現実との区別がつかなくなっていくんだよね。サミュエルの行動は更に激しくなり、アメリアのストレスもマックスに。

物語はさらにダークな方向に進むんだ。アメリアの心理状態が不安定になり、ババドックの幻覚に襲われるようになるの。彼女は自分とサミュエルに危険な行動をとるようになって、ここで初めてババドックがただの怪物じゃなく、アメリアの悲しみやトラウマを象徴してることが明らかになるの。

最終的にアメリアはババドックとの対峙を迫られるんだけど、これが映画のクライマックスなの。彼女は自分の恐怖と向き合い、それを乗り越えようとする強さを見せるんだよ。この過程で、サミュエルへの深い愛情も再確認され、二人の関係はより強固なものになる。そしてね、ババドックは完全には消えないんだけど、アメリアとサミュエルはそれを受け入れて、新しい日常を築き始めるの。

「ババドック」はただのホラー映画じゃなくて、失われた愛と向き合う心の旅の物語なの。見る人によって感じることが違うかもしれないけど、一度見たら忘れられない深いインパクトがある映画だよ。

感想

まず、この映画の舞台設定が素晴らしいんだ。家の中の暗くて閉塞感のある空間が、アメリアの精神状態を反映しているようで、見ていてとても圧迫感を感じた。家というはずの安全な場所が、徐々に不安や恐怖で満たされていく様子が、本当に胸に迫るんだ。

そして、この映画のもう一つの大きなテーマは、母親としての苦悩だよね。アメリアは夫を亡くしてからのシングルマザーとしての生活、そしてサミュエルの育て方に悩んでいる。サミュエルの行動が周囲から理解されず、アメリア自身も孤独を感じている様子が痛いほど伝わってくる。その心の葛藤が、ババドックという恐怖の象徴を生み出す原因になっていると感じた。

サミュエルのキャラクターも興味深いよ。彼は明らかに特別な子供で、その行動が周囲とのトラブルを引き起こすんだけど、実はとても賢く、母親を守ろうとする強い意志を持っている。彼のこの行動が、結局はアメリアを救うことに繋がっていくんだ。

ババドックという怪物の描写も印象的で、その存在があまり具体的に描かれないことが、かえって視聴者の想像力を刺激するんだ。映画全体を通して、この怪物はアメリアの内面的な恐怖や悲しみ、罪悪感を象徴していると思う。それが視覚的にも感情的にも強烈なインパクトを残すんだよね。

最後に、この映画のエンディングがまた深いんだ。怖いものを完全には消し去れないけど、それとどう向き合っていくかというメッセージが込められていると感じた。それは私たち自身の恐怖や悲しみとの向き合い方を象徴しているようで、映画を観終わった後もずっと考えさせられたよ。

全体的に、「ババドック」はホラー映画としての怖さだけでなく、深い心理的なテーマを持つ作品として、強く印象に残る映画だったよ。観る人それぞれに違う感情や考えを抱かせる、そんな映画だと思う。

ほろほろ

『ババドック 暗闇の魔物』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ババドック 暗闇の魔物』が現在配信されているか確認をお願いします。

-ホラー洋画