広告 ホラー洋画

映画『サイレントヒル』あらすじと感想、ネタバレあり

サイレントヒル あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『サイレントヒル』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Silent Hill
  • 公開年: 2006年
  • 製作国: カナダ、フランス、アメリカ、日本
  • 監督: クリストフ・ガンズ
  • 主要キャスト: ラダ・ミッチェル、ショーン・ビーン​​​

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

シャロンという女の子が夢遊病を患っていて、彼女の養父母であるローズとクリストファーは心配の毎日。シャロンは寝ているときに「サイレントヒル」という言葉をよく口にしていたんだ。ローズはこの言葉に何かヒントがあると感じ、シャロンを連れてサイレントヒルを訪れることに決める。サイレントヒルは、30年前の大火災で多くの人々が亡くなったゴーストタウン。霧と灰に覆われている不気味な場所なんだ。町に入るときに警察官に追われてしまって事故を起こし、ローズは意識を失ってしまう。

意識を取り戻したローズは、白い灰が降る廃墟のようなサイレントヒルにいた。でも、シャロンはいなくなっていて、ローズは彼女を探し始める。廃墟の町を歩いていると、シャロンそっくりな少女を見つけて追いかける。けれども、不気味なサイレンの音とともに、町が恐ろしい姿に変わってしまうんだ。ローズはこの奇妙な現象に戸惑いながらも、さっき自分を追いかけてた警察官と出会い、一緒に行動を始めるの。一方で、クリストファーもサイレントヒルに来ていて、ローズとシャロンを探しているんだけど、なかなか会えないんだよね。

ローズはサイレントヒルの秘密に少しずつ近づいていく。町にまつわる魔女狩りの歴史や、かつての火災の原因となった少女アレッサの悲しい過去を知ることになるんだ。アレッサは、町の住民によってひどい仕打ちを受けた結果、強い憎悪を抱き、その怨念が町を呪い続けていたの。ローズは、警官と一緒に異形の怪物から逃れて教会に避難するけれど、町の住民たちとは対立してしまうの。

最後に明かされるのは、アレッサとシャロンの関係。激しい憎悪に蝕まれたアレッサの魂から良心の部分が分離してシャロンとして転生していたんだ。そしてシャロンも悪魔として火炙りされそうになるんだけど、アレッサとローズが協力してシャロンを救い出し、アレッサは町の人々への復讐を果たすよ。

ローズとシャロンはサイレントヒルを脱出して家に帰るよ。クリストファーも二人の帰りを待っている。でも、ローズはサイレントヒルで異世界に迷い込んだままになってしまったんだ。彼女が帰り着いたのも異世界の自宅ってわけ。同じ家にいるのに現実世界にいるクリストファーとはすれ違ってしまう悲しいシーンで映画は幕を閉じるよ。

「サイレントヒル」は、悲劇的な過去が生んだ恐怖と復讐の物語だよ。怖いけど、ちょっと切ないストーリーが魅力的なんだよね。

感想

まず、映画の始まり方が印象的。主人公のローズが、娘のシャロンが見ている悪夢について心配しているシーンから始まるんだけど、この序盤で早速、家族の絆と、それを脅かす不吉な力の存在が感じられる。シャロンが「サイレントヒル」という言葉を繰り返すシーンは、本当にゾクゾクするよ。

映画のビジュアルは、ホラー映画の中でも特に印象的。サイレントヒルの町自体が、まるで生きているかのような存在感を放っていて、それが恐怖感を増幅させる。霧に覆われた街並み、廃墟と化した建物、そしてそこを彷徨う怪異な存在たち。ビジュアルだけでなく、そのすべてがストーリーと深く結びついているんだ。

ストーリーの面では、単なるホラー映画という枠を超えているのが魅力的。ローズが娘を探しにサイレントヒルに向かうというシンプルなプロットから始まるけど、そこには多くの謎が隠されている。町の過去、住人たちの秘密、シャロンとサイレントヒルとの関連。これらが徐々に明かされる過程が、ただ怖いだけじゃなく、心を引きつけるんだ。

この映画のもう一つの大きな特徴は、その音楽とサウンドデザイン。不穏なメロディ、怖ろしい音響効果が、サイレントヒルの不気味な雰囲気を完璧に表現している。特に、町の危険な変貌を伴うサイレンの音は、映画を象徴するような存在だよね。これらの音が、観る者をサイレントヒルの世界に深く引き込むの。

怪物たちのデザインにも注目。これがまた、想像を絶するクリーチャーたちで、見た目の恐ろしさだけでなく、それぞれが持つ象徴的な意味もあるんだ。例えば、ナースの怪物は、病院という場所の恐怖を表現しているし、三角頭のような存在は、罪と罰を象徴している。これらのディテールが、映画に深みを与えているのよ。

映画の終盤に向けての展開も、ホラー映画としてはかなりユニーク。ただ怖がらせるだけじゃなく、町の過去の悲劇、登場人物たちの心の闇、そしてそれを乗り越えようとする力が描かれている。この辺りのストーリーは、考えさせられる部分が多くて、ただのホラー映画では得られない感慨深さがあるんだよね。

全体を通して、この映画はただ怖いだけじゃなく、視覚的にも心理的にも深い影響を与える作品。ホラー映画が好きな人はもちろん、そうじゃない人でも、この映画の持つ独特な世界観とストーリーに引き込まれるはず。サイレントヒルの世界に一度足を踏み入れたら、その魅力から抜け出せなくなるよ。

ほろほろ

『サイレントヒル』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『サイレントヒル』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥2,444 (2023/12/31 00:31時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画