広告 ホラー洋画

映画『ソウ』あらすじと感想、ネタバレあり

ソウ あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ソウ』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Saw
  • 公開年: 2004年
  • 製作国: アメリカ合衆国
  • 監督: ジェームズ・ワン
  • 主要キャスト: リー・ワネル、ケイリー・エルウィス​​

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

映画は、目覚めたら知らない場所に閉じ込められている二人の男、アダムとゴードンのシーンからスタートするんだ。彼らは古びたバスルームで足を鎖で繋がれていて、どうやら「ジグソウ」と名乗る謎の人物に誘拐されたみたい。部屋の真ん中には血まみれの死体が横たわっていて、その手にはリボルバーとテープレコーダーが握られているんだよ。アダムとゴードンはそれぞれテープを発見し、テープには自分たちがなぜそこにいるのか、どうすれば脱出できるのかが録音されていたの。

ゴードンは有名な外科医で、彼のテープには「6時までにアダムを殺せば家族を救える」というメッセージが。一方、アダムのテープには「生き延びるための鍵を見つけろ」とあるんだ。二人は部屋の中で様々な手がかりを見つけていくんだけど、その過程で彼らの過去やジグソウの過去にも触れられていくの。ジグソウは自殺未遂を経験した後、人々に「生きる意味」を教えるためにゲームを仕掛けるようになったんだって。そして、このゲームにはゴードンの家族も巻き込まれていて、ゴードンの妻と娘がジグソウの仲間に監禁されてるんだ。

映画は、アダムとゴードンが徐々に絶望しながらも、互いに協力して謎を解いていく様子を描いているんだ。彼らはジグソウの過去や彼のゲームの目的について徐々に理解していく。さらに、ジグソウが過去にゴードンに末期の脳腫瘍を宣告された患者だったことも発覚するんだよ。時間が経つにつれて、ゴードンは家族を救うためにアダムを殺す決断を迫られるんだけど、そのとき彼の家族はジグソウの仲間に襲われているんだ。家族の危機と自身の苦悩の中で、ゴードンは決断と行動を起こすよ。

最終的に、ゴードンは自分の足を切断するという驚きの行動に出るんだ。これによって、彼は鎖から解放され、助けを呼ぶために部屋を後にする。しかし、衝撃の展開が待っていたんだよ。実は、部屋の中央に横たわっていた「死体」がジグソウ自身だったの!彼は最後まで二人の行動を見守っていたんだね。そして、ジグソウがゲームオーバーを宣告し部屋を出て行ったあと、アダムは一人部屋に残されてこの物語は幕を閉じるんだ。

「ソウ」は予測不可能な展開と衝撃の結末が魅力の映画だよ。心理的な恐怖とサスペンスが絶妙に絡み合って、最後まで目が離せない作品なんだ。

感想

この映画、ただのホラーじゃなくて、もう心理的な深さとか、ストーリーの巧妙さがすごいの。映画を見ている間、ずっと頭の中で「これから何が起こるんだろう?」って考えちゃうんだよね。

まず、この映画の設定からして斬新。二人の男性が目覚めたら、見知らぬ場所に閉じ込められてるっていう。そこには録音テープがあって、それを聞くと、自分たちが一種のゲームに参加していることが明らかになるの。でもこれがただのゲームじゃなくて、生き残るための試練なんだよね。それがもう、見ているこっちもドキドキさせられる。「ソウ」が公開された後、「ソウ」の便乗映画が大量に作られるんだけど、それを聞くとこの映画がどれだけ斬新だったかわかるよね。

登場人物たちのバックグラウンドも深い。それぞれに過去や秘密があって、その秘密がストーリーにどんどん絡んでくるの。キャラクターたちが直面する心理的な葛藤や、過酷な状況下での決断が、物語にリアリティを加えているんだよね。人間って追い詰められたときに本性を現すっていうけど、この映画はまさにそれを見事に描いているの。

そしてね、この映画の怖さっていうのが、ただ血が飛び散るとか、そういう表面的なものじゃないんだ。もちろん、グロいシーンもあるけど、それ以上に心理的な恐怖がある。ゲームの参加者たちがどんな選択をするのか、それを見るのが怖いけど、やめられないんだよね。

映像面でも「ソウ」は特徴があるんだ。ダークでちょっとグリッチっぽい映像が、この映画独特の雰囲気を出している。それに、サウンドトラックもすごいの。不気味で緊張感のある音楽が、映画の雰囲気を盛り上げてくれて、本当にゾクゾクするんだ。

最後の結末の話をするとね、これがまたすごいの。映画の最後に待っている大どんでん返しが、もう信じられないくらい衝撃的なんだよ。終わり方を見たとき、「えっ、マジで!?」ってなること間違いなし。一回見ただけじゃ、全てを理解するのは難しいかもしれないけど、それがまたいい。何回も見返したくなるし、見るたびに新しい発見があるのが「ソウ」の魅力なんだよね。

「ソウ」っていう映画はね、ただ怖がらせるだけじゃなくて、人間の心理や生きることの意味を深く掘り下げている作品なんだ。怖さの中に、深いメッセージが隠されていて、それが見る人を引き込むんだよね。ホラー映画が好きなら、絶対見てほしい。見れば、きっとこの映画の深さにハマるし、色々考えさせられると思うよ。

ほろほろ

『ソウ』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ソウ』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,692 (2023/12/30 07:19時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画