広告 ホラー洋画

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原作:スティーヴン・キング『IT』
  • 原題: It
  • 公開年: 2017年
  • 製作国: アメリカ合衆国
  • 監督: アンディ・ムスキエティ
  • 主要キャスト: ジェイデン・リーバハー、ビル・スカルスガルド

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

物語の舞台は1988年のメイン州の小さな町。ここは見た目はどこにでもあるような平和な町だけど、実はめちゃくちゃ不気味な秘密が隠されているんだよ。雨の日、幼いジョージーは、兄ビルが作った紙のボートで遊んでいた時、ボートを側溝に落としてしまうの。ボートを取ろうとしたジョージーの前に、側溝の中から不気味なクラウン、ペニーワイズが現れるんだ。ペニーワイズはジョージーを誘い込み、彼を襲ってしまう。これがビルと彼の友達、ルーザーズ・クラブの物語の始まりだよ。ビルはジョージーの失踪を受け入れられず、真相を探ることを決意するんだ。

ビルとルーザーズ・クラブの仲間たち、リッチー、エディ、スタン、ベン、ベバリー、マイクは、夏休みを利用してジョージーの失踪事件を調査することにしたんだ。彼らは、町の歴史を調べる中で、この町では27年ごとに子供たちが大量に失踪しているという恐ろしい事実にたどり着くんだよ。さらに、これら失踪の事件の背後には、ペニーワイズという存在がいることも突き止めるんだ。だけど、ルーザーズ・クラブもまたペニーワイズの標的になってしまう。ペニーワイズは彼らに恐ろしい幻覚を見せるんだ。このピエロ、怯える子供の魂が大好物なんだって。この幻覚って実は彼らの個人的な悩みや不安が反映されているのよね。ビルにとっては弟の失踪、ベバリーにとっては家庭の問題、ベンはいじめ…。でも、ここで大事なのは、彼らがそれぞれの恐怖に立ち向かう勇気を持っているってこと。そう、この映画、ホラーだけど心温まる友情の物語でもあるの。

そしてルーザーズ・クラブは、ペニーワイズを追って廃屋や下水道の迷宮みたいなところまで足を踏み入れるわけ。ここで彼らの友情は本当の意味で試されるの。不安や恐怖を乗り越えるためには、お互いを信じるしかないんだから。そして、ペニーワイズとの対決はただの戦いじゃない。自分たちの内面と向き合う旅なのよ。彼らがそれぞれの問題を乗り越える過程が、もう、めちゃくちゃ心に響くの。

最後はもちろん、ペニーワイズとの大決戦。でもこの戦い、ただの力勝負じゃないの。ビルはジョージーの死を受け入れ、ペニーワイズを恐れないことで彼に立ち向かう。彼らの絆、勇気、そして恐怖を乗り越える力がペニーワイズを倒す鍵となるんだ。そして、ついにペニーワイズを打ち負かす。でもね、ペニーワイズは完全に消えることはないんだ。いずれ復活する、そういう存在なんだって。ルーザーズ・クラブはペニーワイズが再び現れた時に備え、再び集まることを誓い合う。彼らの絆は、恐怖を乗り越える力となり、大人になっても変わらない友情を約束するんだ。

『IT/イット』はただ怖いだけじゃない。心を打つ友情の物語で、自分の中の恐怖に立ち向かう勇気をくれる作品なの。だから、怖いもの見たさだけじゃなくて、心温まるドラマを求めてる人にもおすすめだよ。

感想

この映画はね、深いメッセージが隠されていて、ただ怖いだけのホラーじゃないんだよ。まず、ペニーワイズってピエロ、見た目からしてもう無理って感じだけど、彼が象徴してるのはただの怖いピエロじゃなくて、子供たちの恐怖そのものなんだ。それぞれが抱える個人的なトラウマや恐怖に直面して戦う姿は、ただ怖がって逃げるだけじゃない、もっと深い勇気の話なの。

そして、この映画のすごいところは、ただ恐怖を煽るだけじゃなくて、友情や成長の物語も描かれているところ。子供たちが互いに支え合い、恐怖に立ち向かう姿は、心を打たれるし、どこか温かさすら感じるんだ。この対比が、ただのホラー映画を超えた作品にしているんだよね。

ペニーワイズの恐ろしさもさることながら、登場する子供たち一人一人の背景にも注目。家庭環境や社会的な問題など、それぞれが抱えるリアルな悩みが、ペニーワイズという「恐怖」によって象徴的に表現されているの。この辺りの深いテーマが絡み合って、ただ怖がらせるだけじゃない、考えさせられる作品になってるんだ。

音楽や映像効果もすごくて、恐怖の雰囲気を盛り上げてる。特にペニーワイズの登場シーンは、音楽と映像が完璧にマッチしてて、思わず息をのむような緊張感がある。でも、その一方で、子供たちの日常シーンにはどこか懐かしさや温かみを感じさせる演出があって、このギャップがたまらないんだ。

正直、この映画を見る前は、ただの怖い映画だと思ってた。でも実際に見てみると、恐怖だけじゃなくて、友情や勇気、成長といったテーマがしっかりと描かれていて、深い意味を持ったストーリーが、恐怖を超えた感動を与えてくれる。ペニーワイズという存在を通して、自分たちの内面にある恐怖と向き合い、それを乗り越える勇気を見つけることができるんだ。

この映画を見た後は、ただ怖かったという感想だけじゃなく、自分自身の成長についても考えさせられる。そういう意味で、『IT/イット』は、ただのホラー映画とは一線を画す、深く考えさせられる作品なんだよ。

ほろほろ

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,400 (2024/02/11 00:56時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画