広告 ホラー洋画

映画『シックス・センス』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

シックス・センス あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『シックス・センス』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: The Sixth Sense
  • 公開年: 1999年
  • 製作国: アメリカ
  • 監督: M・ナイト・シャマラン
  • 主要キャスト: ブルース・ウィリス、ハーレイ・ジョエル・オスメント

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

主人公のマルコムは、小児精神科医としての自分の仕事に誇りを持っているんだ。子供はいないんだけど、奥さんともうまくいっていて、いい感じの日々を過ごしていたんだよ、最初はね。だけどある日、かつての患者、ヴィンセントに自宅を襲撃されちゃって、拳銃で撃たれてしまうんだよ。この出来事が、彼の人生に大きな影を落としているんだよね。それから彼はプロとしての自信をすっかり無くしちゃって、夫婦関係にも亀裂が入ってしまっている。そんな中、彼の前に現れたのがコールって少年。コールはなんと、死んだ人の幽霊が見えるって言うんだ。でもそのせいで、周りからおかしな人扱いされちゃって、塞ぎこんじゃってるんだ。

この二人の関係が徐々に深まっていく過程が、もうめちゃくちゃ心温まるんだよね。最初はマルコムも半信半疑だったけど、コールの話をじっくり聞いていくうちに、彼の言うことが本当かもしれないと思い始めるよ。マルコムはコールに本当の意味で向き合い、彼の持つ特別な能力について理解を深めていく。コールもまた、マルコムが自分のことを本気で理解しようとしてくれていることに気付いて、徐々に心を開いていくんだ。

幽霊たちには未練があって成仏出来ないでいるんだけど、コールは勇気を出して、キラという少女の幽霊の声に耳を傾けるんだ。そしてマルコムと協力して、キラが命を落とした事件の真相を明らかにするよ。この過程で、コールは自分自身と周りの世界との向き合い方を学び、成長していく。そして、マルコムもコールから多くを学び、自分自身の問題にも向き合う勇気を得るの。

そして、物語の結末。マルコム自身が幽霊だったという事実が明かされるんだ。彼は自分が死んでいることに気づいていなかったんだけど、実は最初に拳銃で撃たれた時に亡くなっていたの。コールを導くことで、ヴィンセントを救えなかったという未練を解決し、成仏していくんだよ。

『シックスセンス』は、人との繋がり、見えないものを信じる心、そして最後には人生と死について考えさせられる、そんな深いメッセージが込められている作品なんだ。だから、この映画を見た後は、何か心に残るものがきっとあるはずだよ。

感想

この『シックス・センス』って映画、初めて見た時の感動が忘れられないよね。あのラストシーンのどんでん返しはもちろん、映画全体が持つ独特の雰囲気や深い感情の描写が、なんとも言えない余韻を残してくれるんだ。

ブルース・ウィリスが演じるマルコム・クロウと、ハーレイ・ジョエル・オスメントが演じるコール・シアーの関係って、映画の核心をなす部分だよね。マルコムはコールの能力に気づき、彼を理解しようとする。一方でコールは、自分を理解し受け入れてくれる大人に出会えたことで、少しずつ心の壁を取り払っていく。この二人の間に徐々に築かれていく絆が、見ていて本当に心温まるし、そこには怖さを超えた何か、もっと大切なメッセージが込められている気がする。

映画のテーマの一つに、失われたものへの憧れや、過去の後悔といった深い感情が描かれているのも、この作品が多くの人に愛される理由だと思う。マルコムは自分の過ちを認め、それと向き合うことで、コールだけでなく自分自身をも救おうとするんだよね。その過程で見せる人間の脆さや強さ、そして成長が、ただサスペンス映画を超えた深みをこの作品に与えているんだと思う。

そして、この映画の美しいことと言えば、映像の使い方もそう。シーンごとの照明や色使いが、その時々の雰囲気やキャラクターの心情を見事に表現していて、言葉では語られない多くのことを伝えてくれるんだ。特に、静かで落ち着いたシーンと、緊張感あふれるシーンの対比が、この映画独特の雰囲気を作り出しているよね。

この映画がもし伏線やどんでん返しの要素を一切持たなかったとしても、それでもやっぱり名作としての地位を確立していたと思うんだよね。その理由は、この映画が持つ、見る者の心を深く動かす力にあるんだよ。映画は、ただ怖がらせるだけじゃなく、人間の感情や心の痛み、そして絆の深さを描いている。それが、どんなトリックや伏線よりも強力な魅力となって、観る人の心に深く刻まれるんだ。

そして、その深い感情的な響きに、計算しつくされたシナリオが加わることで、『シックス・センス』はただの名作ではなく、映画史上唯一無二の作品に昇華されているんだと思う。伏線やどんでん返しがあることで、映画は何度見ても新鮮な驚きや発見があるけれど、本質的に人々を惹きつけるのは、その心の動きを揺さぶる力なんだよね。

だから、『シックス・センス』を見た人は、映画の技巧を超えた何か、もっと大きな感動や共感を感じ取っているはず。それこそが、この映画が長年にわたって愛され続ける理由なんじゃないかな。

ほろほろ

『シックス・センス』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『シックス・センス』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥5,238 (2024/02/04 16:18時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画