広告 ホラー洋画

映画『クワイエット・プレイス』あらすじと感想、ネタバレあり

クワイエット・プレイス あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『クワイエット・プレイス』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: A Quiet Place
  • 公開年: 2018年
  • 製作国: アメリカ合衆国
  • 監督: ジョン・クラシンスキー
  • 主要キャスト: エミリー・ブラント、ジョン・クラシンスキー

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

まず、この映画の舞台設定がすごく斬新なんだよね。地球を支配する音に超敏感な謎の生物が、ちょっとした物音にも反応して襲ってくるんだよ。アボット一家は、この恐ろしい生物を避けるために、完全に音を立てない生活を送っている。家の中はまるで静寂の要塞みたいになっていて、日常生活の中で出る音をいかに避けるかが大問題。家族は手話で会話し、裸足で歩いて、まるで忍者みたいに音を立てないようにしているんだ。

この映画、ただ静かに暮らすだけじゃなくて、家族のドラマがリアルに描かれているのがいいところ。父親のリーは、家族を守るために色々な工夫をしていて、母親のイヴリンは妊娠中。出産の準備と、どうやって音を立てずに赤ちゃんを育てるかが大きな課題なんだ。子供たちも、この静かな世界で成長し、自分たちの恐怖に立ち向かうことを学んでいく。娘のレーガンは自分の聴覚障害と向き合いながら、家族の中で自分の役割を見つけて、息子のマーカスは外の世界への恐怖を乗り越えようとしているんだ。

そして物語は中盤に差し掛かるとグッと緊張感が増してくる。イヴリンの出産のシーンが特に心臓バクバク。音を立てずに出産するって、想像しただけでゾッとするよね。リーとマーカスは外でのサバイバルに挑んでいて、こっちもスリル満点。レーガンは自分の補聴器が怪物に影響を与えることに気づき、家族を救うヒーローに変身するんだ。

最後は、家族が団結して生物に立ち向かうんだ。レーガンの補聴器が怪物にダメージを与えることが分かり、これを使って逆転のチャンスを掴む。最終シーンは、家族の絆と勇気、サバイバルの知恵が試される壮絶な展開で、最後まで目が離せないよ。エンディングは「次はどうなるの?」って思わせる余韻を残して終わるんだ。

「クワイエット・プレイス」は、ただのホラーじゃないよ。家族の愛とサバイバルの知恵が描かれた深い作品で、新しい映画の楽しみ方を見つけさせてくれるかも!

感想

まず、この映画の最大の特徴は、「静寂」。音一つで命が危険に晒されるという状況が、もう異常なほどの緊張感を生み出している。映画館で見た人たちは、ポップコーンを食べる音すら気になるって言ってたけど、家で見るとさらにその静けさが際立つよね。自分の呼吸音さえ怖くなるくらい。

物語は、音を立てたら命を狙われるというシンプルだけど強烈な設定から始まる。登場人物たちは一切の音を立てずに生活していて、その生活の様子がすごくリアルに描かれているのが印象的。子供たちが足音を立てないように砂の上を歩いたり、ゲームの駒を布に置き換えたりする小さな工夫が、緊迫した世界観をより強調している。

そして、この映画の核心は「家族」。外の世界がどんなに危険でも、家族はお互いを支え合い、守り合う。特に父親の役割が重要で、彼の家族への愛が深い。彼の苦悩や決断、そして最終的な犠牲は、観る者の心に深く刻まれる。

エミリー・ブラントの演技も圧巻。彼女が演じる母親のキャラクターは強くて、妊娠中のシーンなんかはもう、言葉にできないほど緊迫していた。彼女の感情表現がこの映画の重要な部分を担っている。

最後に、この映画は観る者に「音」というものを再考させる。日常生活で当たり前のように存在する音が、ここでは死を意味する。この逆転された世界観が、とても新鮮で、それでいて恐怖を煽る。

結論として、「クワイエット・プレイス」はただ怖いだけじゃない。家族の愛、生き残るための知恵と勇気、そして日常の小さな音ひとつひとつの重要性を教えてくれる映画だ。サスペンスやホラーが好きな人はもちろん、ちょっと違った映画体験を求める人にもぜひおすすめしたいな。家でじっくりと見ることで、映画の提供する緊張感と感動を最大限に味わえるよ。

ほろほろ

『クワイエット・プレイス』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『クワイエット・プレイス』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,200 (2024/01/27 07:05時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画