当サイトではホラー映画のあらすじと感想を公開しています

映画『ウィッカーマン』あらすじと感想、ネタバレあり

当ページのリンクには広告が含まれています。
映画『女神の継承』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

最近、映画を見る前に詳細なネタバレをチェックする人が増えています。映画選びの失敗を防ぎ、時間やお金を無駄にしないためです。

本記事では、そんな方々に向けて『ウィッカーマン』の詳細なあらすじと感想をお届けします。『ウィッカーマン』視聴の際の参考にしていただければと思います。また、視聴後に他の人の感想を確認したいときにも役立つ内容となっています。

目次

『ウィッカーマン』はどこで見れる?

配信状況は2024年5月19日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『ウィッカーマン』は、U-NEXTで見放題配信されています。TSUTAYA DISCASの宅配レンタルもオススメです。

U-NEXTは、国内で最多の見放題作品数を誇る動画配信サービスであり、映画の作品数でも業界トップ。無料体験登録時には600円分のポイントが付与され、最新映画もポイント使用で楽しむことが可能です。

31日間の無料体験を是非チェックしてみてください。

\ 簡単登録!無料体験に申し込む /

各社配信サービスについての詳しい記事はこちら!

映画情報

あらすじ

あらすじを動画で見る(おすすめ!)

下記のあらすじと同一内容です

あらすじをテキストで読む

警察官のハウイーがスコットランドの小さな島、サマーアイル島へとやってくるところから物語は始まるよ。彼の元にはこの島で失踪した少女、ローワンの捜索依頼の手紙が届いていたんだ。さっそくローワンのことを島の住民たちに聞き込みするんだけどね、彼らはどこかよそよそしくて、「知らない」とか「そんな子はいない」とかって言うんだ。ローワンの母親と思われる女性にも会うんだけど、ここでもそんな子はいないって言われちゃう。戸惑うハウイーなんだけど、それでも彼は島を歩き回って調査を進めていくんだよ。彼ってすっごい真面目なんだよね。

サマーアイル島はのどかで美しい島なんだけど、独特の文化が根付いていてハウイーはカルチャーショックを受けちゃうんだ。島全体がもうなんていうかね、性に対してすごくオープンなんだよ。宿を借りてる酒場のお嬢さんに誘惑されちゃったりとか、婚前交渉はしないってハウイーは拒んじゃうんだけどね。この島ではキリスト教が廃れてしまって、自然崇拝的な信仰が復活しているんだけど、厳格なキリスト教徒のハウイーにはそれが耐え難いんだよね。宗教観の違いもあって、ハウイーは段々と島に対する不信感を募らせていくよ。そして、ローワンなんて子はいないって言ってた住民たちを問いただすと、今度はローワンはすでに死んでいるって言いだすの。

もう住民たちは当てにならないと思ったハウイーは、独自に調査を行うんだ。その結果、死亡届も出てないし、ローワンが死んだ証拠が一つもないことを突き止める。それに加えてこの島で信仰されてる宗教では、かつて凶作の時に人間を生贄にしていたらしいんだ。そしてこの年はかつてない程の凶作だったの。ハウイーが出した結論は、「ローワンは生きているけれど、近々行われる豊作祈願のお祭りで生贄として捧げられる。住民たちは口裏合わせをしてそのことを隠蔽している」というもの。

このハウイーの予想通り、お祭りのクライマックスに本当にローワンが生贄として登場するんだ。ハウイーはかっこよくローワンを救い出しその場から逃げ出す。そしてね、暗い洞窟を抜けた先には住民たちが先回りして待ち構えていたの。ハウイーの推理は生贄を捧げるというところまでは合ってたけど、その生贄っていうのはハウイー自身のことだったんだ。生贄にするにはいくつか条件があって、清い体であることや権力の代理人であること、そして儀式の場に自分の意志でやってくることが必要らしいんだ。結局、手紙もローワンの失踪もすべてハウイーを陥れるために仕組まれた罠だったっていうこと。ハウイーはずっと島の住民たちの掌の上で踊らされていたんだよ。捕えられたハウイーは「ウィッカーマン」と呼ばれる生贄を捧げるための、木製の人型の檻に入れられて火をつけられるんだ。住民たちを異教徒と罵り神に救いを求めるハウイー、そしてフォークソングを歌い踊り豊作を祈願する陽気な島の住民たち、という異様な対比の中、燃え上がるウィッカーマンをバックに映画は幕を閉じるんだ。

『ウィッカーマン』は独特の文化と信仰が織りなす、予測不可能な展開と深い心理描写が魅力的な作品だよ。島の美しい風景と不気味な雰囲気が見事に融合していて思わず引き込まれちゃうんだよね。

感想

まず最初に惹かれるのは、そのフォークな雰囲気だよね。ハウイーが飛行機でサマーアイル島に到着するシーンでは、のどかな風景とフォークソングが絶妙にマッチしていて、最初は全然ホラー映画っぽくないんだ。サマーアイル島の住民たちの服装も、伝統的なフォークロアを彷彿とさせていて、色とりどりの衣装が印象的。

島の住民たちがしばしば歌を歌うシーンが多いから、まるでミュージカルのような雰囲気があるよね。この牧歌的な要素が、映画全体に特有の温かみと奇妙さを与えていて、とても印象的なんだ。彼らは自分たちの信仰を楽しんで実践しており、それが歌や踊りという形で表現される。これは一見すると平和で牧歌的なコミュニティのように見えるけれど、その裏には深い闇が潜んでいるんだ。この対照が、映画全体に不穏な緊張感を生み出している。

ハウイーはとても真面目で正義感が強い人物だよね。でもその正義感が過剰になって、島の人々の文化や信仰を全く受け入れない態度に繋がっているんだ。ハウイーの高圧的な態度は、彼が島民に対して絶えず命令口調で話す場面にも現れている。彼は自分の権威を振りかざして、住民たちが協力するように強制しようとするんだけど、逆に彼らからはほとんど相手にされない。彼が島の文化を尊重しないことで、住民たちとの対立が深まっていくんだ。

サマーアイル卿や他の島民たちとの対話を通じて、ハウイーの信念が何度も試される。特にサマーアイル卿との対話は、彼の信仰心を揺さぶるものばかり。サマーアイル卿は常に冷静で、ハウイーの怒りや恐怖を楽しんでいるように見えるんだ。彼の信念が強いからこそ、ハウイーは最後まで自分の信じる道を進むんだけど、その道が彼を破滅へと導くんだ。

映画のラストで、ハウイーがウィッカーマンの中に閉じ込められて火を放たれるシーンは、強烈だったね。普通のホラー映画なら、この結末は非常に後味が悪く感じるかもしれないけど、ハウイーの性格や行動のおかげで、どこか納得してしまう部分もあるんだ。彼が傲慢で高圧的な態度を取り続けた結果としての結末だから、観客としても「彼自身の行動が招いた結果」として受け入れやすいんだよね。

その後に真っ赤な夕日が映し出されるのは本当に印象的だよね。あのシーンは映画全体のクライマックスであり、ハウイーがウィッカーマンの中で焼かれる瞬間を彩るものとして、視覚的にも感情的にも深い意味を持っているんだ。夕日の赤い光が、ハウイーの絶望と恐怖を一層際立たせている。燃え盛る炎と赤い空が重なり合い、彼の最期の瞬間を象徴するかのように映し出されるんだ。その美しさと恐怖が同時に存在するシーンは、まさに「ウィッカーマン」らしい独特の雰囲気を醸し出している。視覚的には非常に美しいけれど、その背後には人間の犠牲と信仰の対立という重いテーマが隠れているんだよね。

夕日の色は、ハウイーの内面的な絶望と外的な炎の象徴であるだけでなく、サマーアイル島の住民たちにとっての再生や希望も示しているかもしれない。彼らは信仰に基づいた儀式を成功させたと感じ、島の未来に対する期待を抱いているんだろうね。その対照的な感情が、夕日の美しさと重なり合うことで、観る者に複雑な感情を抱かせるんだ。

また、夕日のシーンは、映画のテーマである自然と人間の関係をも象徴しているんだ。サマーアイル島の住民たちは、自然を崇拝し、その力を信じている。夕日の美しさは、彼らの信仰の一部であり、自然のサイクルや再生の象徴でもあるんだ。それに対して、ハウイーは自然に対する畏敬の念を持たず、キリスト教の信仰だけを信じている。その対立が、最後のシーンでの夕日の中に集約されているんだよね。

『ウィッカーマン』はただ怖がらせるだけの映画じゃなくて、深いテーマ性と美しい映像美を兼ね備えた作品として評価されているよ。人間の信仰心や文化の違い、そしてそれが引き起こす衝突を描いた深い作品なんだ。見終わった後に何度も考えさせられる、そんな映画だよね。ホラー映画のファンなら、一度は見ておきたい名作だと思うな。

\ 簡単登録!無料体験に申し込む /

各社配信サービスについての詳しい記事はこちら!

コメント

コメントする

目次