広告 ホラー邦画

映画『クロユリ団地』あらすじと感想、ネタバレあり

クロユリ団地 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『クロユリ団地』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 公開年: 2013年
  • 製作国: 日本
  • 監督: 中田秀夫
  • 主要キャスト: 前田敦子、成宮寛貴​​​

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

主人公の明日香は、明るく前向きな女の子。介護士を目指してる彼女は、家族と一緒にちょっと年季の入ったクロユリ団地に引っ越してくる。新しい生活のスタートだけど、なんかこの団地、雰囲気がちょっと…ね? 特に隣の部屋から聞こえる音が気になる。引っかくような音、不気味な音。夜中にひっそりと響くその音に、明日香は少し不安を感じ始めるんだ​​​​。

ある日、隣室からの目覚まし時計の音が止まらない。気になった明日香が勇気を出してその部屋を覗くと、衝撃の発見が! そこには孤独死した老人の遺体があったの。この出来事がトリガーとなって、明日香の周りで奇妙なことが起き始める。学校での幽霊の目撃、家の中での不可解な現象。これまでの平穏な生活が一変し、明日香は徐々に恐怖に飲み込まれていく​​​​。

ここで登場するのが、特殊清掃員の笹原。彼は一見、普通の青年だけど、なんとなく影を抱えている雰囲気。明日香と笹原は、団地で起きる不可解な現象の謎を解くために協力し始める。この過程で、明日香が実は一人暮らしだったことが判明する。彼女が見ていた「家族」とは、実はもうこの世にいない人たちだったんだよ。さらに、明日香が友達になった団地の少年ミノルも、13年前の悲しい出来事で亡くなっていたの。クロユリ団地では、ミノルの死をきっかけに奇妙な現象が起こっていたんだね​​。

明日香は精神的にかなり追い詰められる。実は彼女、ミノルの霊に取り憑かれてたんだ。笹原は明日香を助けるために奔走するが、彼自身も過去の罪悪感に苦しんでいる。かつて彼が恋人を事故で植物状態にしてしまった過去があったんだ。明日香を救うため、笹原は除霊を試みるが、ミノルの霊によってゴミ処理場に連れ去られ、焼かれてしまう。これによって明日香の命は救われるが、彼女の精神は幼い頃に戻ってしまい、家族が事故死する前の状態に退行してしまうんだ​​。

「クロユリ団地」は、日常に潜む恐怖を描いた映画。主人公明日香が体験する超自然現象と心の葛藤がリアル。じわじわと恐怖を感じさせるストーリーで、最後までハラハラさせる作品だよ。

感想

「クロユリ団地」ってね、普通のホラー映画とは一線を画すんだよ。まず、舞台が団地っていうのが新鮮。団地って、なんとなく昔の感じがするし、ちょっと怪しい雰囲気もあるよね。この映画では、そんな団地をすごく上手に使って、不気味な空気を作り出しているんだ。

映画の始まり方も良かったな。新しい環境に足を踏み入れた主人公の女の子が、徐々に団地の怪しい雰囲気に飲み込まれていく感じ。最初は何もない普通の団地が、だんだんと彼女にとって恐ろしい場所に変わっていくんだよね。この映画の魅力は、怖さだけじゃなく、キャラクターの深みにもあると思う。主人公の女の子は、普通の学生だけど、彼女が団地で体験する不思議な出来事がどんどんエスカレートして、彼女自身も変わっていくの。その変化が、すごくリアルで、見ているこちらもドキドキするんだ。

でも、この映画の一番の見どころはやっぱり演出だよね。照明や音響がすごく計算されていて、そのおかげでシーンごとの雰囲気がガラッと変わる。特に、団地の廊下や部屋の中でのシーンは、めちゃくちゃ怖い! あの狭い空間が、不安と恐怖を倍増させている感じがする。音の使い方もめちゃくちゃ上手くて、静かなシーンと急な音の対比がすごく効いている。日常の何気ない音が、急に恐ろしいものに変わる瞬間って、ホント背筋が凍るような恐怖を感じるよね。

この映画、ただ怖がらせるだけじゃなくて、いろんなテーマがあるのがいいところ。孤独とか家族の絆とか、深いメッセージが隠れているんだ。だから、ただ怖いだけじゃなくて、見終わった後に色々と考えさせられるんだよね。ホラー映画って、たいていは「怖い!」で終わっちゃうことが多いけど、「クロユリ団地」は違う。怖さの中に深い物語があって、それがこの映画を特別なものにしているんだ。

というわけで、「クロユリ団地」はホラーファンはもちろん、ちょっと深いストーリーを楽しみたい人にもおすすめ。怖いけど、その怖さの中に隠されたメッセージにも注目してみてほしいな。きっと、ただのホラー映画じゃない何かを感じることができるよ。

ほろほろ

『クロユリ団地』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『クロユリ団地』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,029 (2024/01/25 11:37時点 | Amazon調べ)

-ホラー邦画