広告 ホラー洋画

映画『エスター』あらすじと感想、ネタバレあり

エスター あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『エスター』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Orphan
  • 公開年: 2009年
  • 製作国: アメリカ合衆国
  • 監督: ジャウム・コレット=セラ
  • 主要キャスト: ヴェラ・ファーミガ、ピーター・サースガード

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

話は、ちょっと切ないところから始まるんだ。ケイトとジョン、この夫婦、赤ちゃんを亡くした過去があって、その悲しみからなかなか立ち直れないでいるの。そんな二人が「新しい家族を迎えよう」と決めて、孤児院に足を運ぶんだ。そして、そこで出会ったのがエスター。この子、一見普通の可愛い女の子だけど、なんか雰囲気がちょっと変。でも、夫婦は彼女を家族に迎え入れることにするんだよね。

エスターがコールマン家にやってくると、家の雰囲気がちょっと変わり始める。最初は「新しい家族ができて良かったね」という感じだったんだけど、エスターの周りで怪しいことが起き始めるの。エスター自身はすごく賢くて、絵を描くのも上手なんだけど、どうも彼女を中心に不穏な空気が漂ってくる。ケイトは「この子、何かおかしいかも」と感じ始めるんだけど、ジョンは「大丈夫だよ、子供だもの」となかなか本気にしてくれないの。

さあ、ここからが本番!ケイトは「このままじゃいけない」と思って、エスターの過去を調べ始めるんだ。一方、エスターはますます怪しい振る舞いを見せ始める。ケイトとジョンの関係にもギクシャクが見え始めるし、エスターはどんどん家族の中で影響力を強めていく。この辺りから、映画はただのホラーじゃなくて、もう心理戦が始まってる感じなんだよね。

そして、ついにエスターの真実が明らかに!なんと、エスターはプロジェリアという病気を患っていて、外見は子供だけど実は30歳近い大人だったの!彼女の目的は、家族に近づいて、内側から破壊すること。最後はケイトとエスターの間でめちゃくちゃ緊迫した対決があるんだ。ケイトは家族を守るため、エスターとの壮絶な戦いに挑むことになるんだよ。

『エスター』は予想外の展開と深い心理描写が魅力のホラー映画。エスターの謎が解ける瞬間は本当に衝撃的で、見た後は誰もが忘れられないはず。

感想

まず、映画の設定が独特。エスターという少女が中心にいるんだけど、彼女はただの少女じゃない。見た目は可愛らしいけど、中身は何を考えているかわからない謎めいた存在。彼女が養子として迎えられた家族は、最初は幸せそうに見えるんだけど、エスターの登場によって徐々にその雰囲気が変わっていく。この変化が、見る者をじわじわと不安にさせるんだ。

この映画の大きな特徴は、エスターのキャラクター造形。彼女の行動や言動一つ一つが計算されていて、普通の子供とは一線を画す不気味さがある。それに、彼女の過去や本当の目的が徐々に明らかになっていく過程が、ものすごくスリリング。最初はただの怖い子供かと思いきや、話が進むにつれて彼女の本質が見えてくるから、その度に「えっ、マジで!?」って驚かされるんだよね。

映画の雰囲気もすごくいい。暗くて重い感じのセットが多くて、それがエスターの不気味さを際立たせている。背景音楽も、シーンの緊張感を高めるのに一役買っていて、心理的な恐怖を引き立てているのが印象的だった。

さらに、家族内のドラマがこの映画のもう一つの見どころ。エスターの登場によって、家族の中での人間関係が変わっていく様子がリアルに描かれていて、それがまたこの映画を深くしている。家族の中での愛情や信頼、疑念が入り混じる中で、エスターの存在がどんどん大きくなっていくんだ。

映画の終盤に向けてのクライマックスは、本当に衝撃的。予想もつかない展開に、私も最初は口をポカンと開けてしまったよ。エスターの真の姿が明らかになると、今までのすべてのピースが繋がって、「なるほど!」ってなるんだ。

「エスター」は、ホラー映画ファンはもちろん、心理的なサスペンスや家族ドラマが好きな人にもぜひおすすめしたい。見終わった後には、エスターの真実や、家族の絆について、色々と考えさせられること間違いなし。

ほろほろ

『エスター』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『エスター』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,444 (2024/01/25 11:31時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画