広告 ホラー洋画

映画『ゲット・アウト』あらすじと感想、ネタバレあり

ゲット・アウト あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ゲット・アウト』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

物語のスタートは、クリスとローズ、この二人のカップルから。クリスはアフリカ系アメリカ人の青年で、彼の彼女、ローズは白人だよ。二人は本当に仲が良くて、次のステップとして、ローズの両親に会いに行くことになるんだ。でもね、クリスはちょっと心配してるの。彼の肌の色を、ローズの両親はどう思うのかなって。

でも、実際にローズの家に到着すると、両親はとってもウェルカム。でもね、家の中はちょっと変。家の使用人たちは全員アフリカ系アメリカ人で、なんかぎこちない感じ。クリスは「ここには何かおかしいことがあるかも…」と感じ始めるんだ。

クリスの違和感は、家で過ごす間にどんどん強まる。まず、ローズの母親が催眠術師だって発覚。彼女はクリスに催眠術をかけようとして、実際に彼を催眠状態にしてしまうんだ。クリスはその体験がとても恐ろしく、混乱を覚える。

さらに、家で開催される大きなパーティーの日、クリスは他のアフリカ系アメリカ人のゲストたちと接触する。でも、彼らの行動や話し方が変で、なんだか操られているよう。クリスは「これはただのパーティーじゃない、何か大きな秘密が隠されている…」と確信するように。

そして、クリスに衝撃の真実が明らかになる。ローズの家族は、黒人男性を誘拐し、彼らの体に白人の脳を移植していたんだ。クリスは「これはまさかの人種差別と狂気の科学の融合…!」と驚愕。彼は必死で逃げようとするけど、家族に捕まえられてしまう。彼らの目的は、クリスの体を利用して、別の人間の意識を移植することだったんだよ。

でもクリス、めっちゃ頭がいいんだ。彼は巧みに脱出計画を立てて、一族に立ち向かう。家族との壮絶な戦いの末、クリスはなんとか彼らを倒して脱出に成功する。そして最後には、彼の親友がヒーローのように現れて、クリスを救い出すんだ。

『ゲットアウト』は、ただのホラー映画じゃないよ。人種差別という深刻なテーマを取り入れて、すごく考えさせられる作品になってるんだ。

感想

この映画、最初は何が起こるか全く読めなかったんだよね。クリスとローズの関係はすごく自然で、二人のやり取りからは普通のカップルの雰囲気が漂っていて。でも、ローズの家族に会いに行くところから、一気に雰囲気が変わるんだ。

ローズの家族は、なんとなくクリスに対して変な感じを出していて、その微妙な差別感がもう気になる。特にローズの母親がクリスに催眠術をかけるシーンは、本当にゾッとするよね。あの「沈む」感じの描写が、映画の中でも特に印象的だった。

そして、映画が進むにつれて、どんどん緊張感が増していくの。クリスが徐々に家族の秘密を知っていくシーンは、ミステリーっぽくて、ちょっとドキドキするんだ。映画の中盤からは、もう手に汗握る展開が続くのよ。

この映画、人種問題をめちゃくちゃ巧妙に扱っていて、ただ怖いだけじゃなくて、深く考えさせられる部分があるのがすごいと思う。表面的な差別じゃなくて、もっと深いレベルでの問題を描いているから、ただのホラー映画とは一線を画してるんだよね。

クライマックスに向けての展開は、もう本当にハラハラする。クリスがどうやってその状況から脱出するのか、その一部始終がすごくスリリング。映画の最後に向けての展開は、予想外のものが多くて、見ているこっちもハッとさせられる場面が多いの。

映画を見終わった後、その終わり方についてもずっと考えさせられたな。エンディングがまた、この映画の深いメッセージをしっかりと伝えている感じがする。

「ゲットアウト」はホラー映画としても面白いけど、それ以上に社会的なメッセージを持っているところが魅力的。人種差別っていう重たいテーマを扱っているけど、それをエンターテイメントとしてしっかり成立させているから、見終わった後も色々と考えさせられるんだよね。そういう意味では、本当に印象深い映画だったよ。

ほろほろ

『ゲット・アウト』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ゲット・アウト』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,400 (2024/01/24 06:39時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画