広告 ホラー洋画

映画『ウィッチ』あらすじと感想、ネタバレあり

ウィッチ あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ウィッチ』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: The Witch / The VVitch: A New-England Folktale
  • 公開年: 2015年
  • 製作国: アメリカ合衆国、カナダ
  • 監督: ロバート・エガース
  • 主要キャスト: アニャ・テイラー=ジョイ、ラルフ・アイネソン

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

この映画は、17世紀のニューイングランドを背景にしているよ。主人公は、教会との対立からコミュニティを追放されたキリスト教徒の一家。家族は父ウィリアム、母キャサリン、長女トーマシン、次男ケイレブ、双子のマーシーとジョナス、そして生まれたばかりのサミュエル。彼らは森のほとりに農場を作り、新しい生活を始める。しかし、彼らが選んだこの地は、不穏な雰囲気に満ちていて、すぐに彼らの信仰と絆が試されることになるんだ。

物語はトーマシンを中心に展開する。彼女は成長していく過程で家族の愛と信頼を背負っている。しかし、彼女が見守っていた赤ちゃんのサミュエルが突如として消えてしまう事件が起きる。この出来事が一家に深い衝撃を与えるんだ。トーマシンはこの失踪に責任を感じ、深い罪悪感に苛まれるようになる。同時に、家族の間には疑いが芽生え始める。特に、森に住むとされるウィッチ(魔女)の存在が家族の恐怖を煽り、彼らの状況は次第に不安定になっていくんだ。

物語の緊迫度はさらに高まる。ケイレブが森で行方不明になり、家族は深い混乱に陥る。ケイレブが奇妙な状態で発見されると、家族内の疑心暗鬼は最高潮に達するんだ。特にトーマシンに対する疑いは深まり、彼女は家族から魔女の疑いをかけられる。この状況の中で、家族の絆は徐々に崩壊していく。恐怖と狂気に満ちた家族内の雰囲気は、トーマシンを追い詰め、家族間の信頼は完全に崩れ去る。

物語の終わりには、トーマシンは家族を失い、孤独になる。絶望の中、彼女は森へと向かい、そこで魔女たちの集会に遭遇する。この場面は、トーマシンが自らの運命を受け入れ、魔女としての道を選ぶことを決意する瞬間を描いている。映画はトーマシンが空中に浮かび上がるシーンで終わり、彼女の解放と新しいアイデンティティの獲得を強烈に示しているんだ。

「The Witch」は、17世紀のニューイングランドを背景に、家族の絆、信仰、孤独を描いた作品。超自然的な恐怖と現実が絶妙に絡み合い、観る者を深く引き込む魅力があるよ。

感想

この映画は、表面的な恐怖よりも、心理的な不安や家族内の緊張を巧みに描いているんだ。17世紀の厳しいキリスト教社会の中で、家族が自然と魔女の脅威に翻弄されていく様子は、ただ怖いというよりも、どこか悲しい気持ちにさせられる。

家族の絆が徐々に崩れていくプロセスが、映画の中で丁寧に描かれていて、それがとてもリアルに感じられるんだ。家族間の信頼が失われていく過程で、誰もが疑心暗鬼に陥り、結局は自分たちの恐れが最大の敵になってしまう。この点が、この映画がただのホラー作品ではない、深いテーマを持った作品であることを物語っているよね。

また、映画のビジュアルとサウンドデザインも注目すべき点。暗く、どこか神秘的な森の中で繰り広げられるストーリーは、視覚的にも印象的。暗いトーンの映像が、物語の重苦しい雰囲気をさらに強調しているんだ。加えて、音楽が場面の雰囲気を盛り上げて、緊張感を高めるのに一役買っているのも見逃せない。

それに、この映画の言語が古英語に近い形で話されているのも、時代背景をよりリアルに感じさせる要因の一つ。初めは少し聞き取りづらいかもしれないけど、この言語の選択が物語の没入感を高めているんだよね。

トーマシンのキャラクターも興味深い。彼女は家族と社会の間で揺れ動く若い女性として描かれていて、彼女の心情の変化が映画全体のテーマを反映している。彼女が直面する試練と、それによって引き起こされる変化が、物語の核となっているんだ。

結論として、「ウィッチ」は、怖さを追求するだけではなく、深いストーリーテリングと独特の雰囲気で観る者を魅了するホラー映画。この映画の提供する独特の体験は、ホラー好きならずとも価値があると思うよ。ただし、伝統的なホラー映画の怖さを求める人には、少し物足りないかもしれないけどね。

ほろほろ

『ウィッチ』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ウィッチ』が現在配信されているか確認をお願いします。

-ホラー洋画