広告 ホラー洋画

映画『クリムゾン・ピーク』あらすじと感想、ネタバレあり

クリムゾン・ピーク あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『クリムゾン・ピーク』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

『クリムゾン・ピーク』は、イーディス・カッシングっていう特別な才能を持った若いアメリカ人作家の話なんだ。イーディスは子供の頃に亡くなったお母さんの幽霊に出会って以来、幽霊を信じているんだよね。彼女は愛情深い父親と一緒に裕福な家庭で暮らしていて、本当に幸せそうだったんだ。

けどね、トーマス・シャープっていうミステリアスなイギリスの貴族が現れてから、イーディスの人生は一変するんだ。トーマスはめちゃくちゃハンサムで、イーディスも彼にどんどん惹かれていくの。でも、トーマスには何か秘密があるみたいで、彼の姉ルシールもちょっと怪しい雰囲気を醸し出してるんだよね。

イーディスの父親はトーマスを信用していなくて、彼らの関係に反対するんだけど、ある悲しい出来事が起きてしまって、結局イーディスはトーマスと結婚することになるんだ。そして、二人はイギリスにあるトーマスの古い屋敷「クリムゾン・ピーク」に移り住むことに。

クリムゾン・ピークは一見するとすごく美しいんだけど、なんとなく不気味な雰囲気が漂っているのよ。イーディスは新しい家で変なことが起こり始めるのに気づくんだ。屋敷は秘密だらけで、彼女は幽霊みたいなものを見たり、トーマスとルシールが何かを隠していることに気づくんだよね。

物語のクライマックスでは、トーマスとルシールの過去が明らかになって、彼らの本当の意図が分かるんだ。実は、トーマスとルシールは過去に他の女性と結婚して、彼女たちからお金を騙し取って殺害していたんだよ。彼らの狙いはイーディスの財産だったの。

イーディスはこの真実を知って、自分を守るために戦わなければならなくなる。最後には、ルシールとのすごい対決があって、イーディスは彼女を倒して生き残るんだ。トーマスはイーディスに対して複雑な感情を持っていて、最終的には彼女を助けようとするんだけど、ルシールによって殺されてしまうの。

『クリムゾン・ピーク』はただのホラー映画じゃないんだよね。愛、裏切り、超自然的な要素が混じり合って、とてもドラマチックで、映像も美しいし、キャラクターたちの心理描写がすごく深いんだ。この映画を見ると、まるで別の世界に迷い込んだような感じがして、すごく面白いんだよ。

感想

『クリムゾン・ピーク』は、単なる映画を超えた芸術作品だと思う。この映画を見ると、ただのゴシック・ロマンスやホラー映画じゃなくて、もっと深い何かがあることに気づくよ。ストーリーはイーディス・カッシングという才能ある若い女性作家が中心。彼女の人生が、トーマス・シャープという謎多き男との出会いで一変するんだ。

まず、映画のビジュアルが圧倒的。古い屋敷、ゴシック調のデザイン、色彩豊かな衣装など、目を奪われる美しさがある。特に、屋敷のデザインは映画の雰囲気を盛り上げるのに一役買っていて、ただの背景以上の重要な役割を果たしている。映画の各シーンは、まるで絵画のような美しさで、見ているだけで心が豊かになる感じがするよ。

イーディスとトーマスの物語は、最初は甘いロマンスのように見えるけど、実はもっと複雑で深い。トーマスの姉ルシールとの関係も含め、彼らが抱える秘密が少しずつ明らかになっていく過程は、まるでミステリー小説を読んでいるようで、ドキドキするんだ。幽霊のシーンも怖いけど、それがまた物語に深みを加えていて、ただのホラー映画とは一線を画している。

この映画のもう一つの魅力は、キャラクターたちの心理描写が本当に深いこと。イーディス、トーマス、ルシール、それぞれの感情や背景が丁寧に描かれていて、彼らの行動の理由が徐々に理解できるようになる。彼らが抱える愛憎や葛藤が、観客の心にも強く響くんだ。

そして、クライマックスへ向かうにつれ、映画はさらにドラマチックになっていく。予測不能な展開と緊迫感あふれるシーンが続き、最後まで目が離せない。最後のシーンは特に印象的で、映画の美しさと悲しみが見事に結びついている。見終わった後、その世界から抜け出せなくなるほど、深く印象に残るんだ。

『クリムゾン・ピーク』は、美しい映像、複雑なストーリー、強い感情表現が見事に融合した作品。見終わった後には、その美しさと物語の深さにしばらく思いを馳せることになるよ。

ほろほろ

『クリムゾン・ピーク』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『クリムゾン・ピーク』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,400 (2024/01/23 11:07時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画