当サイトではホラー映画のあらすじと感想を公開しています

映画『ハッピー・デス・デイ』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

当ページのリンクには広告が含まれています。
映画『ハッピー・デス・デイ』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり
ほろほろ

この記事では映画『ハッピー・デス・デイ』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ。

目次

映画情報

配信状況

配信状況は2024年5月2日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

Prime Video
見放題
DMM TV
U-NEXT
見放題
TSUTAYA DISCAS
月4枚まで
Netfilix
見放題

\ 30日無料体験 /

\ 31日間無料体験 /

ほろほろ

映画の配信サービスについては次のページでもう少し詳しく紹介しているよ。

あらすじ

あらすじを動画で見る

あらすじをテキストで読む

この物語はイケイケの女子大生のツリーが主人公なんだ。ツリーってば、昨日も夜遅くまで遊んでたみたいでね。朝目が覚めたら知らない男の子、カーターの部屋のベッドにいて、二日酔いが酷くてなんにも覚えていないんだ。そしてこの映画では、ツリーの誕生日であるこの日の出来事が細かに描写されているの。ツリーってホントにきつい性格しててね、口も悪いし、お父さんからの電話は無視するし、教授とは不倫してるし、ルームメイトのロリがくれたお誕生日のお祝いの手作りカップケーキなんて目の前でゴミ箱にポイしちゃったんだよ。そしてね、夜にパーティーに行くんだけどさ、途中で変なお面かぶった怪しいヤツに襲われていきなりグサ!って刺されちゃうんだよ。

ツリーが目覚めたらまたカーターの部屋のベッドにいてね、全く同じ一日が繰り返されるんだ。ツリーだけがその記憶があってさ、でもどうやってもまた夜にマスクマンに刺されちゃうんだよ。そしてその度またループするの。もう訳が分からなくて周りに相談するんだけど誰も信じてくれなくって、でもカーターだけはね、信じてるかは微妙だけどきちんと話を聞いてくれたんだ。カーターが考えた作戦はね、死んでもやり直せるなら疑わしい人をリストアップして一人ずつ調べていったら?って感じ。だけどね、ツリーって今までやりたい放題やってるから、動機がありそうな人めっちゃ多くて大変なんだよね。

なかなか犯人にたどり着けないでいる中、ツリーは大学の附属病院でマスクマンに襲撃されるんだけど、その正体が病院に収容されてた連続殺人犯のトゥームズだってことがわかるんだ。そして駆け付けてくれたカーターが犠牲になりつつもトゥームズを追いつめるんだけど、カーターの為にもう一度だけループしてこの一日をやりなおすんだ。ツリーはね、何度も同じ一日を繰り返すうちに今までの自分の行いを見つめなおしたらしくてね。この最後のループではツリーはすっかり今までの行いを反省していて、家族のこととか、教授との不倫、ルームメイトとの関係なんかに全部きちんと向き合っていくんだよ。そしてトゥームズも無事に捕えてね、ツリーは刺されることなく眠りについたんだ。これで全てが解決したと思っていたんだよ。

ところが驚いたことにね、目覚めるとまたカーターの部屋のベッドにいて、まだループから抜け出せてなかったんだ。そしてね、ツリーは気づいたんだ。今までは捨てたり放置したりしてた、ロリからもらったカップケーキ、前回は反省してたからきちんと食べたんだよね。つまり、カップケーキに毒が入ってたっていうこと。実はロリも教授と不倫してたんだけど、教授のことツリーに取られたと思っててね、それが動機ってことみたい。トゥームズのことは、病院で働いてるロリが罪を擦り付けるために拘束解いて暴れさせてたみたいなんだよね。最後はツリーとロリでもみくちゃになりながら殴り合うんだけど、なんとかロリを倒して事件は無事に解決。ツリーは悪夢のようなループから抜け出して、カーターと共に新しい一日を迎えることが出来たんだよ。

『ハッピー・デス・デイ』は、ツリーのキャラクターがとにかく印象的で引き込まれちゃうんだよね。怖いシーンもあるけれど直接的な描写は少ないし、メインはツリーの成長劇でクスリと笑えるようなシーンも多いからホラーが苦手っていう人でもたのしめると思うよ。

感想

この映画、見始めた時は正直どうなることかと思ったよ。でも、予想を裏切る展開と、クリス・ランドン監督の巧みな演出で、結局最後まで目が離せなかった。何より、ジェシカ・ローテが演じるツリーのキャラクターが魅力的だよね。初めは完全に自己中心的で、ちょっと周りが見えてない感じがするんだけど、その自己中さが彼女の成長と対比されていて、映画を通じてどんどん魅力的になっていくのがすごくいい。最初はあんなに自分勝手だったツリーが、繰り返される一日の中で自分自身を見つめ直して、少しずつ変わっていく様子は、見ていて本当に心が動かされるんだよね。

死のループという極限状態が彼女を追い詰めながらも、それが彼女の内面を成長させるキッカケになっているのが面白いところ。映画の途中からは、その自己中な面が少しずつ薄れていって、他人を思いやる心を持ち始めるツリーに、どんどん引き込まれていくんだ。それに、彼女の変化を通じて、「人は変われる」というメッセージを強く感じることができるから、劇的な展開の中でもリアリティがあると感じるよ。

だから、最初はちょっと苦手かなと思うかもしれないけど、映画が進むにつれて彼女の成長に心打たれ、応援せずにはいられなくなるんだよね。それがまた、「ハッピー・デス・デイ」をただのホラーやスリラーとは一線を画す作品にしている大きな魅力の一つだと思う。

そしてユーモアのセンスもバッチリ。ツリーが死のループを抜け出そうとする過程で見せるさまざまな表情や、思わずクスッと笑ってしまうシーンも多くて、緊張感をちょうどいい塩梅で和らげてくれるんだよね。この映画のスマートなところは、恐怖だけでなく笑いもしっかり提供してくれるところにあると思う。

たとえば、ツリーが何度も何度も同じ日を繰り返す中で、いろんな死に方をするシーンも、怖さよりもどこかコミカルで、ちょっとしたブラックユーモアが効いている。それに、ツリー自身がその状況にフラストレーションを感じつつも、時には自分の死を予測してあえて茶化すようなシーンもあって、それがまた観ているこちらを引き込むんだ。

映画全体を通して、こういった軽妙なタッチが散りばめられているから、ホラーが苦手な人でも楽しめるし、何よりこの映画を特別なものにしていると思う。だから、見やすくて、飽きさせない構成は「ハッピー・デス・デイ」の大きな魅力の一つだね。

ループものの映画としても、「ハッピー・デス・デイ」は非常によく練られていて、単純な繰り返しに終わらず、各ループがストーリー全体の中でどうつながっているのか、その精巧な構造が観るたびに感心させられる。トリーが直面する問題の解決に向けて彼女がどのように成長していくかを描いたこの映画は、エンターテイメントとしてだけでなく、物語性の面でも非常に楽しめる作品だよね。

そして、この映画の魅力は何と言っても、ツリーがその状況をどうにかしようと奮闘する姿にあるんだ。彼女はただの被害者ではなく、自分の運命を自分の手で変えようとする強い意志を持っている。それがまた、観ているこちらとしても応援したくなるんだよね。

『ハッピー・デス・デイ』はただのスリラーでは終わらない、深いメッセージを持った作品だと思う。その日一日を大切に生きること、人生を主体的に生きることの大切さを、ツリーの奮闘を通じて教えてくれるんだ。ホラーが苦手な人でも楽しめるような工夫が随所に施されているから、ホラー映画が好きな人はもちろん、これからホラー映画に挑戦したいけれどちょっと怖いかもしれないと思っている人にも、ぜひおすすめしたい作品だよ。

¥1,152 (2024/05/02 07:07時点 | Amazon調べ)

コメント

コメントする

目次