広告 ホラー洋画

映画『ゴーストランドの惨劇』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

ゴーストランドの惨劇 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ゴーストランドの惨劇』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Incident in a Ghostland
  • 公開年: 2018年
  • 製作国: フランス/カナダ
  • 監督:
    パスカル・ロジェ
  • 主要キャスト: クリスタル・リード、アナスタシア・フィリップス

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

小説家を夢見るベスと、ちょっとギスギスした姉のヴェラ、そして彼女たちを守る母親のポリーン。物語は彼女たちが古びた屋敷に引っ越してくるところからスタートするよ。新しい生活のはじまりってわくわくするけど、この家、一歩入るとただならぬ雰囲気がするんだよね。どこか冷たい空気が漂ってて、人形がいっぱいでちょっと気持ち悪いの。そんな中、家族は新生活をスタートさせるわけだけど、引っ越し初日にいきなり大男と女装男っていう奇妙な二人組に襲撃されちゃうんだ。母親のポリーンは必死に抵抗して、家族を守るためなら何でもするって感じで、襲ってきた奴らをやっつけちゃうのよ。

時間は流れて16年後。ベスはもう立派な小説家になってて、あの恐怖の夜を「ゴーストランドの惨劇」という本にしてヒットさせてるの。結婚して子どももいて、なんだかんだで幸せな日々。でもそんなある日、ヴェラから「帰ってきて」って連絡があって、ベスは久しぶりにあの屋敷へ行くんだ。でもね、ヴェラはかなりヤバい状態で、明らかにあの事件のトラウマから抜け出せてないの。そしてベスもこの家にいるうちに、次第におかしな現象に巻き込まれていくんだよね。鏡に文字が浮かび上がったり、人形が動いたり、ヴェラが透明の誰かに暴行を受けたり…。

そして、ここで驚愕の真実が明らかになるんだ。実はね、16年後っていうのはベスの頭の中の話だったの。現実はもっと残酷で、母はあの夜殺されて、姉妹は襲撃者によって監禁されてたのよ。現実があまりにも辛くて、ベスは幸せな世界を想像して逃避してたんだ。でもね、そんな夢から覚めたら、現実は相変わらず厳しい。でも、この辛い現実を乗り越えようと、ベスとヴェラは脱出を企てるの。二人の絆が深まる瞬間でもあるんだけど、結局、脱走は失敗してまた捕まっちゃうんだよね。

絶望の淵に立たされたベスはまたもや想像の世界へと逃避するんだ。なんでも思い通りの世界だから楽でいいよね。でもね、ベスは心のどこかでヴェラのことが気になって放っておけないんだ。そして、現実世界へ戻ってきたその時、ついに警察がやって来て救出されるの。救急車で運ばれるベスが屋敷の方を見ると、母ポリーンの姿が見えるんだ。そして彼女はタイプライターを指さしている。これがきっかけで、ベスはまた小説家を目指すんだ。この終わり方もいろんな解釈の余地があって深みがあるんだよね。

『ゴーストランドの惨劇』は、家族の絆、現実と空想の境界、そして人間の心理的な恐怖を深く掘り下げているんだ。何気ないシーンにもちゃんと意味があって作りこみがすごいんだよ。

感想

この『ゴーストランドの惨劇』って映画、最初はただのホラーかと思いきや、見終わる頃には自分の中で何かが変わった気がするんだよね。この映画、表面的な怖さだけじゃなく、深い心理的なテーマを持っていて、それがすごく心に残るんだ。

まず、この映画の舞台になる屋敷の雰囲気がもう最高に不気味。でもその不気味さが、なんだか美しいというか、芸術的なんだよね。そして、その屋敷の中の小物一つ一つが、ベスの想像の世界とリンクしているのが面白い。例えば、壊れた人形や古い写真が、彼女の想像の中では全く違う意味を持つようになる。これに気づくと、映画を見返すたびに新しい発見があって、それがまたいいんだ。

物語の中で、主人公たちが直面する恐怖は、ただの物理的なものじゃなくて、彼女たちの心理的なものも深く絡んでくる。特に、ベスが自分の中に作り上げた幻想の世界で生きているという展開は、見ていて本当に心が痛む。彼女が現実と向き合うために、どれだけの勇気が必要だったかを考えると、ただただ感動するしかないんだ。

そして、この映画のラスト。救出された後の展開が、一見すると希望に満ちているように見えるけど、実はそこには大きな悲しみと失ったものの重さがある。亡くなったはずの母ポリーンが最後に現れるシーンは、この映画における超自然的な要素の唯一の例で、そのシーンがこの映画全体の解釈にまた一つの深みを加えているんだ。

映画のタイトル「ゴーストランド」も、この映画の世界観を象徴しているようで、何が現実で何が幻想なのか、その境界があいまいになる。ベスが最後に小説を書き始めることを決意するところは、この恐ろしい体験が彼女の中でどう変化し、そしてどう表現されるのかを示唆しているんだよね。

結局、『ゴーストランドの惨劇』は、表面的な恐怖を超えて、人間の心の奥深くにある恐怖やトラウマ、そしてそれに立ち向かう勇気を描いた作品だと思う。この映画を見た人それぞれが、自分なりの解釈を持つことができる、そんな深い余韻を残す映画なんだ。だから、ホラー映画が好きな人はもちろん、心に残る何かを求める人にも、絶対におすすめしたい作品だよ。

ほろほろ

『ゴーストランドの惨劇』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ゴーストランドの惨劇』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,482 (2024/02/25 04:44時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画