広告 ホラー洋画

映画『ヘレディタリー/継承』あらすじと感想、ネタバレあり

ヘレディタリー/継承 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ヘレディタリー/継承』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

映画は、グレアム家の母親であるアニーが、自分の母エレンの死に複雑な感情を抱えているところからスタートする。家族には、夫のスティーブ、内向的な息子ピーター、そして奇妙な行動を取る娘のチャーリーがいる。アニーの母の死が家族に与える影響は微妙で、それぞれが自分なりのやり方で悲しみや困惑を抱えているんだ。

アニーは自分の感情を理解しようと、グリーフサポートグループに参加する。そこで彼女は、自分の過去と母親との複雑な関係について話すことに。一方、家族内の緊張感は高まり、特にチャーリーの行動はますます奇妙になっていく。彼女は祖母エレンと特別な関係を持っていたようで、エレンの死後も彼女の影響を感じ続けている。そして、映画の大きな転換点が訪れる。ある晩、ピーターが運転する車での事故でチャーリーが亡くなるんだ。この悲劇は家族に深い衝撃を与え、一層の混乱と悲しみをもたらす。

チャーリーの死をきっかけに、アニーはジョーンという女性に出会い、霊媒セッションを通じてチャーリーとコミュニケーションを試みることになる。しかし、これが家族にさらなる恐怖をもたらすことになる。家の中で起きる超自然的な現象が一家を脅かし、アニーは自分の家族の過去に隠された恐ろしい秘密を知ることになるんだ。彼女は自分の母親が暗黒の宗教団体に関わっていたことを発見し、その宗教団体が家族を彼らの恐ろしい目的のために利用していたことを知る。

物語はクライマックスへと進んでいく。グレアム家は次第に狂気へと引き込まれ、ピーターは精神的に崩壊する。最終的に、家族の運命は衝撃的な結末を迎える。宗教団体はピーターを新たな「王」として迎える儀式を行い、彼はその計画の中心となる。アニーはこの恐怖の真実に直面し、家族は不可解な運命に飲み込まれていく。

この映画は家族の秘密と運命を巧みに織り交ぜたホラー作品。深いストーリーと予測不可能な展開が、見る者を魅了する。ホラーファンには必見の映画だよ。

感想

ヘレディタリー/継承は、ただ怖いだけのホラー映画とは一線を画す作品なんだ。この映画の真骨頂は、その緻密なストーリーテリングと、心理的な恐怖を巧みに操る手法にある。家族の秘密と遺伝が絡み合う中で、恐怖がじわじわと心に忍び寄ってくる感じがたまらないんだよね。

まず、映画の雰囲気が本当にユニーク。静かで、どこか重苦しい空気が初めから漂っていて、それが徐々に不気味さを増していくの。家の中の細かいディテールや、不穏な音楽がその雰囲気を更に高めて、見ているこちらも思わず息を潜めちゃう。

そして、キャストの演技が素晴らしい。特にトニ・コレットの演技は圧巻だよ。彼女が演じるアニーは、家族の秘密に苦しむ母親。その複雑な感情を見事に表現していて、彼女の苦悩が画面越しにビンビン伝わってくる。映画の中で彼女が経験する様々な出来事は、見る者に強烈な印象を残すこと間違いなし。

映画のストーリーも見どころの一つ。一見普通の家族の物語から始まるけど、徐々にその裏に隠された恐ろしい秘密が明らかになっていく。このストーリーの進行は、まるで迷路のよう。予測不能な展開が続くから、目が画面から離せなくなるんだ。

ビジュアルも凄くて、特に暗闇の中での演出が印象的。暗闇に潜む何かが見えそうで見えない緊張感は、ホラー映画ならではの醍醐味だよね。さらに、映画の最後に向けてのクライマックスは、もう言葉にできないほどのインパクトがある。

全体を通して、ヘレディタリー/継承はただのホラー映画ではなく、深いテーマと優れた演出が融合した芸術作品だと思う。家族の絆、秘密、遺伝というテーマが織りなす恐怖は、見終わった後もずっと心に残る。ホラー好きはもちろん、映画を深く味わいたい人にも、絶対にオススメしたい作品なんだ。

ほろほろ

『ヘレディタリー/継承』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ヘレディタリー/継承』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥3,736 (2024/01/24 06:20時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画