広告 ホラー洋画

映画『サマー・オブ・84』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

サマー・オブ・84 あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『サマー・オブ・84』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Summer of 84
  • 公開年: 2018年
  • 製作国: アメリカ、カナダ
  • 監督: フランソワ・シマール、アヌーク・ウィッセル、ヨアン=カール・ウィッセル
  • 主要キャスト: グラハム・ヴァーチャー、ジュダ・ルイス

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

まず舞台は、1984年のアメリカの小さな町。主人公のデイビーは、お父さんが新聞記者ってこともあってニュース好きで好奇心旺盛な15歳。彼には幼なじみの親友たち、イーツ、ファラディ、ウッディがいて、夏休みを一緒に過ごしてるんだ。でもね、この町で連続失踪事件が起きていて、デイビーはこれに夢中になるの。彼の直感が告げるのは、近所に住んでいる警察官のマッキ-が犯人かもしれないってこと。マジかよって思うけど、デイビーは真剣なのよ。

デイビーは親友たちを説得して、マッキー警察官の調査を始めることに。彼らはまるで本物の探偵みたいに計画を立てるの。昼間は普通に遊んで、夜はマッキー警察官の家の周りをうろつく。最初は単なる夏の冒険みたいなもんだったけど、マッキーが怪しい動きを見せる度に、だんだん本気になってくるの。彼らが見つけた、マッキーの庭に何かが埋められている証拠とか、夜遅くに家を出る彼の姿とか、マジでヤバイんだよね。

そして、ここからが本当にスリル満点。デイビーたちは、マッキーの家に忍び込んで、地下室で驚愕の発見をする。そこには、失踪した少年の遺体が隠されていたの。さらに、次のターゲットがデイビーだということも発覚する。彼らは証拠を警察に提出するんだけど、マッキーは姿をくらましちゃったんだよね。

最後のシーンは、もう言葉にできないくらいヤバいの。マッキーはデイビーを拉致するんだけど、あえて逃げる機会を与えるんだ。ここでのデイビーの恐怖と勇気、そして最終的に逃げ出すシーンはマジで手に汗握る展開なの。そしてマッキーは「俺は必ず戻ってくるぞ、この先ずっと怯えながら生きろ」という言葉を残して逃走する。最後は日常に帰ってきたデイビーがマッキー逃走中の新聞記事を見るところで幕を閉じるよ。

「サマー・オブ・84」は、表面は1980年代の雰囲気がマッチした青春映画だけど、中身は後味の悪いスリラーなの。見終わった後、その衝撃がずっと頭から離れない映画だよ。

感想

これはただのホラー映画じゃないんだよね。1980年代を舞台にしたサスペンス、というよりも子供たちの成長物語に近い感じがする。映画は、日常から少しずつ侵入してくる恐怖を描いているんだ。

物語は、主人公のデイヴィと彼の友達が中心。デイビーは好奇心旺盛な少年で、彼と仲間たちの関係や会話がリアルで心地いい。映画の最初は、夏休みを満喫する普通の子供たちの姿が描かれているけど、徐々に「ただの夏」が「何かがおかしい夏」に変わっていくんだ。

映画の大きな魅力の一つは、80年代の雰囲気を完璧に再現していること。衣装、音楽、街の風景に至るまで、時代を感じさせる演出がすごくて、80年代を経験していない人でも、その時代にタイムスリップしたような気分になるよ。

サスペンスとしても面白いんだけど、この映画が本当に伝えたいのは、「成長」と「現実への目覚め」の物語なんだと思う。子供たちは冒険を通じて、世界や人間に対する甘い幻想を失っていく。それはちょっと切ないけど、同時に成長の痛みや強さを感じるんだよね。

そして、最後のシーン。これがもう、すごく印象的。映画が終わった後も、頭から離れないような強烈な終わり方をしている。人によっては賛否両論かもしれないけど、個人的にはこの終わり方が、物語全体の緊張感と切なさを際立たせていると思う。

映画の中で、デイビーたちが自転車で街を駆け抜けるシーンがあるんだけど、これがまたいいんだ。青春の自由さと、どこかほろ苦い現実感が混ざり合って、すごく心に残る。映画全体を通して、そういう細かいシーンの積み重ねが、結局は大きな感動を生んでいるんだよね。

サマー・オブ・84を見て、ただ怖がるだけじゃなくて、いろんなことを感じてほしい。80年代のノスタルジックな雰囲気を楽しみつつ、子供たちの冒険と成長の物語を味わって。そして、映画の終わりには、少し考えさせられるような、そんな体験が待っているはずだよ。

ほろほろ

『サマー・オブ・84』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『サマー・オブ・84』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥4,228 (2024/01/08 20:33時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画