当サイトではホラー映画のあらすじと感想を公開しています

映画『アイ・アム・レジェンド』あらすじと感想、ネタバレあり

当ページのリンクには広告が含まれています。
オテサーネク あらすじと感想

最近、映画を見る前に詳細なネタバレをチェックする人が増えています。映画選びの失敗を防ぎ、時間やお金を無駄にしないためです。

本記事では、そんな方々に向けて『アイ・アム・レジェンド』の詳細なあらすじと感想をお届けします。視聴の際の参考にしていただければと思います。また、視聴後に他の人の感想を確認したいときにも役立つ内容となっています。

目次

『アイ・アム・レジェンド』はどこで見れる?

配信状況は2024年6月25日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

『アイ・アム・レジェンド』は、U-NEXTPrime Videoで見放題配信されています。

U-NEXTは、国内で最多の見放題作品数を誇る動画配信サービスであり、映画の作品数でも業界トップ。無料体験登録時には600円分のポイントが付与され、最新映画もポイント使用で楽しむことが可能です。

31日間の無料体験を是非チェックしてみてください。

\ 簡単登録!無料体験に申し込む /

各社配信サービスについての詳しい記事はこちら!

映画情報

あらすじ

あらすじを動画で見る(おすすめ!)

下記のあらすじと同一内容です

あらすじをテキストで読む

ニューヨークからは人々の姿が忽然と消え、街はゴーストタウンとなってしまっているんだ。街のいたるところに草木が生い茂り、動物たちが自由に駆け回っている。そんな荒廃した街でたった一人、生き残った男がいるの。その男、ロバート・ネビルはアメリカ陸軍の優れた科学者だったんだよ。彼は、人類を滅ぼしたウイルスから生き延びた唯一の人間として、愛犬サムとともに日々サバイバル生活を送っているんだ。このウイルスは元々、ガンを治療するためのワクチンとして開発されたものだったんだけど、予想外の変異を遂げ、殺人ウイルスになってしまったんだ。さらにはウイルスから生き残った人々も夜行性の凶暴なクリーチャー「ダークシーカー」へと変貌させてしまう悪魔のウイルスなんだよね。

ネビルは日中、安全な時間に街中を車で走り回って食料や薬品を探しているんだ。一見、愛犬のサムと陽気に暮らしているようにも見えるんだけど、その心には深い闇を抱えているの。妻と娘を失ってしまって、たまたま希少な免疫を持っていた自分だけが生き残っているその状況に相当参っちゃってるんだよね。彼は毎日無線で生存者に向けたメッセージを送っているんだけど、もはや生存者がいるなんて思っていないの。今の彼の生きる目的はウイルスの治療法を見つけること。自宅の地下室には実験室があって、捕えたダークシーカーを使ってワクチンの開発をしているんだ。ダークシーカーを人間に戻すほんの僅かな可能性に望みを賭けているんだよ。ダークシーカーたちは夜になると活発になり、人間の血肉を求めて街を徘徊する。だからネビルは日が暮れる前に必ず自宅に戻り、厳重なセキュリティシステムで家を守り、息をひそめて眠りにつくんだ。

ある日、ネビルの生活に大きな変化が訪れるよ。彼がダークシーカーを捕獲するために設置した罠をダークシーカー達が学習してしまい、逆にネビルが罠にかかってしまうんだ。何とか脱出に成功するんだけど、その際に愛犬のサムを失ってしまうの。心の支えを失い自暴自棄になってしまったネビルは、ダークシーカーの群れに無謀な戦いを挑むんだ。そして絶体絶命っていうところで生存者のアナに助けられるんだよ。アナとその息子のイーサンは北部にあるという生存者の村を目指しているんだって。その途中でネビルの無線放送を聞いてやってきたらしいんだ。最初は二人を警戒していたネビルだったけど、家族のことを思い出したみたいでね、少しずつ二人と交流を深めていくんだ。だけどね、一緒に生存者の村へ行こうというアナに対して、ネビルは生存者の村なんて存在しないと言って、ニューヨークに残って治療薬の開発を続けることにこだわるんだ。そこはどうしても相容れることはなかったんだ。

そして、ついにネビルの自宅が大量のダークシーカー達に襲撃を受けるんだ。襲撃にそなえて準備はしていたものの、数の暴力の前に為す術もなく地下の研究室へと逃げ込むネビルたち。研究室の強化ガラスの防壁が突破されるのも時間の問題というところで、試作していた治療薬がウイルスに対して効果があることが分かるんだ。ネビルは治療薬のサンプルをアナとイーサンに託して、「生存者の村へ行け!」と言い残して手榴弾でダークシーカーもろとも吹き飛んでしまう。そしてラストのシーンでは、生存者の村は本当に存在していてアナとイーサンが村へたどり着くんだ。人類へウイルスの治療薬をもたらしたネビルは伝説として語り継がれることになるんだよ。

『アイ・アム・レジェンド』は、廃墟と化したニューヨークの壮大な風景と終末観が圧巻の映画。ネビルの孤独な闘いと希望を捨てない姿が心に響くんだ。ダークシーカーたちとの緊迫した戦いも見逃せないポイントだよね。

感想

『アイ・アム・レジェンド』の魅力の一つは、廃墟となったニューヨークの風景だよね。ボロボロになった街並みは、一見するとただの荒廃した場所なんだけど、そこにはどこか美しさも感じられる。人類が消えた後の静寂、自然が取り戻した都市の景色が終末観をたっぷりと伝えてくれるんだ。

特にタイムズスクエアのシーンは印象的だよね。あれだけ賑やかで人が溢れていた場所が、完全に無人になっている。そのコントラストが強烈で、視覚的にも心理的にもインパクトがあるんだ。普通だったら見過ごしてしまうような場所や物が、ネビルの視点を通して新たな意味を持つようになる。この視点の変化が映画の魅力の一部だと思うんだ。

ウィル・スミスの一人芝居も見事。愛犬サムとの生活は彼にとって唯一の心の支えで、サムがいなければネビルも精神的に耐えられなかっただろうな。でも、サムがウイルスに感染してしまうシーンは涙なしには見られない。ペットが家族同然の存在だってことを改めて感じさせられるんだ。

ネビルって本当にタフで陽気なキャラクターにも見えるんだよね。こんな状況でもたくましく生きているし、今の生活をエンジョイしているように見えるシーンがたくさんある。例えば、街中でゴルフを楽しむシーンとか、マネキンに話しかけるシーンとか、愛犬サムと楽しそうに過ごすシーンとかね。

ゴルフのシーンなんか特に印象的だよね。あのシーンでは、廃墟となった空母の甲板で悠然とゴルフを楽しむネビルの姿が描かれてるんだけど、あれは単なる娯楽じゃなくて、彼が現実逃避するための方法なんだと思うんだ。普通だったら考えられない状況だけど、彼にとっては精神を保つための重要な時間なんだよね。

映画の中でネビルが繰り返し治療薬を開発しようとする姿勢も印象的。これって単なる人類救済のためだけじゃなくて、彼自身の生きる目的を保つためなんだよね。家族に治療薬を完成させると約束したこともあって、それに縛られてる感じがする。だから、アナが「生存者のコロニーがあるから一緒に行こう」と説得しても、彼は頑なにニューヨークを離れようとしないんだ。

アナとイーサンの親子との交流も短い時間だったけど、心温まるシーンがいくつかあったよね。彼らと一緒に「シュレック」を観るシーンなんか、久しぶりに普通の生活の一端を取り戻した感じがして、ネビルの心に一瞬の安らぎをもたらしてるんだと思う。ネビルが自分の家族を失った痛みと孤独を乗り越えるために、アナとイーサンとの交流が大きな意味を持っていたんだ。

『アイ・アム・レジェンド』には別エンディングがあって、それもまた興味深いんだ。捕えたダークシーカーを解放することで、彼らが帰っていくシーンが描かれてる。このバージョンでは、ネビルこそがダークシーカーにとって伝説の殺人鬼だったという視点が示されるんだ。でも、劇場公開版のエンディングも悪くないんだよね。

劇場公開版のエンディングでは、ネビルが最後に自分の命を犠牲にしてアナとイーサンを守り、治療薬を託すシーンが描かれてる。これには希望と再生のメッセージが強く込められていて、ネビルの自己犠牲が人類の未来を救うという感動的な結末になってるんだ。ネビルが自分の使命を全うし、最終的に人類再生への希望を託す姿は、本当に感動的なんだ。

この映画は、ホラー映画としての恐怖や緊張感だけじゃなくて、人間ドラマが深く描かれているのが魅力なんだ。ネビルの孤独な戦い、家族を失った痛み、そして新たに見つけた希望との出会いが詰まっている。ウィル・スミスの演技も圧巻で、彼が見せる細かな感情表現が物語をより一層引き立てている。彼の強さと弱さがリアルに感じられて、観ているこっちも引き込まれてしまうんだ。

『アイ・アム・レジェンド』は、終末観を描きながらも、人間の希望と強さを感じさせる映画。劇場公開版のエンディングも、別エンディングもそれぞれの魅力があって、どちらも深いメッセージを持っている。何度も見返すたびに新しい発見があるし、ネビルの孤独な戦いが観る者の心に深く響く。ホラーが苦手な人でも楽しめる要素がたくさん詰まっていて、観た後にいろいろと考えさせられる映画なんだ。

\ 簡単登録!無料体験に申し込む /

各社配信サービスについての詳しい記事はこちら!

コメント

コメントする

目次