広告 ホラー洋画

映画『キャンディマン』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

キャンディマン あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『キャンディマン』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: Candyman
  • 公開年: 1992年
  • 製作国: アメリカ合衆国
  • 監督: バーナード・ローズ
  • 主要キャスト: ヴァージニア・マドセン、トニー・トッド

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

「キャンディマン」の物語は、シカゴに住んでるヘレンという大学院生が主人公だよ。都市伝説の研究をしている彼女は、キャンディマンの伝説を耳にするんだ。この伝説では、鏡の前で「キャンディマン」と5回名前を呼ぶと、フックの手を持つ殺人鬼が現れると言われているんだよ。そして、つい最近もこのキャンディマンによる殺人事件が起きたんだって。興味を持ったヘレンは、研究の一環として、友人のバーナデットと一緒にキャンディマンの噂が広がるカブリーニっていう荒廃した団地へ調査に向かうんだ。彼女は地元の住民に話を聞き、伝説の真偽を確かめようとするの。

カブリーニでの調査中、ヘレンは事件の被害者の隣人、アンと知り合うんだ。彼女はシングルで赤ちゃんを育ててるんだって。彼女から事件のあった日の話を聞くの。そして調査の末、ヘレンはキャンディマンの背景について知ることになるよ。彼は19世紀に生まれた奴隷の息子だったんだけど、画家として成功していて、お金持ち相手に肖像画を描いてたんだって。それでお客さんの娘さんを妊娠させちゃって、怒ったお客さんがチンピラを雇って彼を殺してしまったらしいの。

さらに調査を続けるヘレンは通り魔に襲われて怪我をするんだけど、最近起きた一連のキャンディマン事件は全部この通り魔の仕業だったんだって。これで一件落着と思っていたところにに本物のキャンディマンが現れて、それからがもう大変。アンの赤ちゃんは行方不明になり、友人のバーナデットはキャンディマンに殺されちゃう。そしてヘレンはその犯人として捕まって精神病院に隔離されちゃった。でもね、キャンディマンが再び現れて騒動が起きてる隙に脱走に成功するんだ。そして家に帰ったら夫のトレバーが女性を連れ込んでたっていうね、もう何と言っていいのやら。

全てを失ったヘレンは、アンの赤ちゃんがキャンディマンのもとにいると知り、再びカブリーニへと向かうんだ。だけどね、キャンディマンの仕組んだ罠によって、ヘレンと赤ちゃんは炎に包まれることになる。かつて彼が亡くなったとき、その遺灰はこのカブリーニの地に撒かれたらしいんだよ。彼は家族と一緒に眠りたかったんだろうね。ヘレンと、アンの赤ちゃんはその身代わりってわけ。そしてヘレンは最後の力を振り絞り、キャンディマンを倒すんだ。彼女は命を落とすことになるんだけど、アンの赤ちゃんを救い出すことには成功する。そして映画のラストでは、今更ながらヘレンを失い悲しみに暮れるトレバーが鏡に向かってヘレンヘレン、と5回つぶやくんだ。するとトレバーの後ろにヘレンが現れ、その鈎爪で彼を引き裂き、彼女が新たなキャンディマンになったことを示唆するシーンで幕を閉じるよ。

「キャンディマン」は怖いけど、ただ怖いだけじゃないんだ。愛とか、過去のトラウマとか、社会問題とか、いろんなテーマが絡み合ってる。だから見終わった後も、いろいろ考えちゃうんだよね。

感想

まず、キャンディマンの伝説自体が、名前を鏡の前で5回呼ぶと現れるっていう、ちょっと子供っぽいかもしれないけど、それが逆にリアルで怖いんだ。だって、誰でも子供のころに一度はそういう「召喚ゲーム」みたいなの、やったことあると思うし、そこにある「もしも」っていう恐怖がすごくリアルに感じられるんだよね。

でも、この映画の本当にクールなところは、単に怖がらせるだけじゃなくて、社会的なテーマもしっかりと描かれているところなんだ。キャンディマンの伝説は、シカゴのカブリーニ・グリーンという貧困地区に根ざしていて、この設定が映画に深みを加えてるんだよね。貧困、人種差別、都市伝説の信憑性といったテーマが巧みに絡み合って、ただ怖いだけじゃない、考えさせられるストーリーになっているんだ。

主人公のヘレンがこの伝説を追いかける過程で、ただの都市伝説じゃなくて、その背後にある社会的な問題や人々の恐怖、信念に触れていく様子は、ホラー映画としてだけじゃなく、ドキュメンタリーを見ているようなリアリティも感じられて、すごく引き込まれるんだよね。

そして、ビジュアルもすごいのがこの映画の特徴。キャンディマンのビジュアル自体もインパクト大だけど、血のシーンや暗い廊下のシーンは、美しさと恐怖が同居していて、目が離せないんだ。特に、ミラーを通じて見えるキャンディマンの姿は、本当にゾッとするけど、芸術的でもあるんだよね。

音楽も忘れちゃいけない。不気味でありながらもどこか悲哀を帯びた音楽は、映画の雰囲気をさらに深くしてくれるんだ。音楽一つ取っても、この映画の世界観にどっぷりと浸れるから、サウンドにも注目してほしいな。

でも、何よりもこの映画を特別なものにしているのは、ただ怖がらせるだけじゃなく、観る人に考えさせる何かを残すところなんだよね。キャンディマンとは何なのか、彼が象徴するものは何なのか、そして私たちはどう向き合うべきなのか。映画を見終わった後も、頭の中でぐるぐると考え続けてしまう、そんな魅力があるんだ。

「キャンディマン」は、ホラー映画の枠を超えて、社会について、そして私たち自身について考えさせてくれる。それが、この映画が単なる怖い話以上のものになっている理由なんだよね。だから、ただ怖い映画が好きな人だけじゃなく、もっと深い内容を求める人にもおすすめしたい映画なんだ。

ほろほろ

『キャンディマン』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『キャンディマン』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,364 (2024/01/28 22:47時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画