広告 ホラー洋画

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』あらすじ紹介と感想、ネタバレあり

ウーマン・イン・ブラック あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: The Woman in Black
  • 公開年: 2012年
  • 製作国: イギリス、カナダ、スウェーデン
  • 監督: ジェームズ・ワトキンス
  • 主要キャスト: ダニエル・ラドクリフ、キアラン・ハインズ

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

物語の舞台は19世紀末のイギリス。主人公のアーサーはロンドンで弁護士やってるんだけど、彼って結構大変な人生を送っててさ、奥さんが出産のときに亡くなっているの。まだ幼い息子のジョセフをしっかり育て上げなきゃいけないんだけど、アーサー、最近仕事がうまくいってないんだよね。所長さんから、とある田舎町での遺産整理の仕事を任されるんだけど、結果次第ではクビだって言われちゃった。アーサーはその町で目的地の館のことを住民に聞くんだけど、めっちゃ塩対応されちゃって、明らかに歓迎されてないの。そしてこの館がまたすごいんだよね。沼地の島に佇んでいて、なんか古びて雰囲気あるし、絶対出るよねここって感じ。

アーサーが館で遺言書を探し始めると、だんだんとこの館の背景が分かってくるんだ。今回亡くなったドラブロウ夫人にはナサニエルという息子がいて、彼はこの沼地で溺れて亡くなっているんだけど、遺体は見つかっていないんだってさ。そしてアーサーはこの館で黒い服の女性の幽霊に遭遇するんだけど、町に戻って警察官に幽霊のことを話しても取り合ってもらえないの。それから町で子供が亡くなるという事件が起きて、アーサーは館に行ったことを責められるんだ。町の住人たちはこの事件と、あの館が何か関係があると考えているみたい。アーサーにロンドンに帰れっていうんだよ。

でもね、アーサーは仕事を終わらせないとクビになるから、また館の探索をするんだよ。ドラブロウ夫人にはジェネットという妹がいて、ナサニエルの本当の母親はこのジェネットなんだって。だけどジェネットは心がちょっと病んでいて、ドラブロウ夫妻がナサニエルを引き取ったらしいんだ。ジェネットはナサニエルを取られたこと、そして亡くなったことがショックで、結局この館で首を吊ったんだって。そして町で再び子供が亡くなる事件が起きるんだ。亡くなった子供たちの霊と接触したアーサーは、ジェネットが子供を失った痛みを晴らすため、子供たちを死へと導いていることを知るんだよ。

次の日には息子のジョセフがこの町に遊びに来ることになってるんだよね。ジョセフが今この町に来るのはヤバイんだけど、この時代には電報しかないし、もう間に合わないの。そこでアーサーは閃くんだ、ジェネットをナサニエルに会わせれば成仏するんじゃないかってね。そして奇跡的に沼地からナサニエルの遺体を引き上げることに成功して、ジェネットのお墓に入れてあげるの。アーサーはこれで一件落着って思ってたんだ。駅にジョセフを迎えに行って、そのままロンドンに帰るための切符を買っている間に、ジョセフが何かに操られるように線路へ向かっていくんだ。駅には汽車が迫ってて、アーサーはジョセフを救うために線路へと向かうんだけど間一髪、間に合わなかったみたい。最後にアーサーは彼の妻と再会して、三人が闇の中に消えていくシーンで映画は幕を閉じるんだ。この結末はね、不思議で哀しくも美しいんだよ。

『ウーマン・イン・ブラック』は、愛と悲しみ、そして許しの物語だよ。忍び寄るような静かな恐怖と、ゴシックホラーの不気味な美しさが見事に融和してるんだよね。

感想


 『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』って、表面をなぞるとただのホラー映画に見えるけど、深く掘り下げるとそうじゃないんだよね。

まず、この映画で最初に心を掴まれたのは、ダニエル・ラドクリフが演じるアーサー・キップスのキャラクター。ハリー・ポッターの子供っぽいイメージを払拭するような、深い悲しみを抱えた彼の演技には本当に引き込まれたんだ。アーサーが直面する内面の葛藤。息子との関係、そして亡くなった妻との未練と向き合っていく過程で、映画はただの恐怖だけでなく、喪失と向き合い、乗り越えていくことの大切さを描いてるんだよ。

そして亡霊であるウーマン・イン・ブラックの物語にも、ただ怖いだけじゃなくて、深い悲しみの物語があるんだ。彼女の悲しみや怒りが、館を取り巻く霧のように、物語全体を包み込んでいる感じ。彼女のストーリーを追うことで、この映画は恐怖以上のもの、人間の感情の深淵を探っているように感じる。

この映画のビジュアルは本当に美しいよね。霧に包まれた湿地帯や、暗く荘厳な館の内装など、ゴシックホラーの魅力がたっぷり詰まってて、それだけでも見る価値アリって感じだよ。シーンごとに感じる雰囲気が異なって、目を引かれるんだよね。暗い色合いの中にも、どこか美しさがあって、ただ怖いだけじゃない、そういう深みを感じさせてくれるんだ。

そしてなんといってもラストシーンが印象的だった。なんていうか、本当に多くの感情が渦巻くよね。表面上は確かにバッドエンドに見えるよ、アーサーと彼の息子が、あの悲しみに満ちた亡霊によって死へと導かれるわけだから。でも、その終わり方にはどこか予期せぬ温かみと、奇妙な安堵感があるんだよね。アーサーが彼の亡き妻と再会し、家族が再び一緒になれるという展開はよく考えると、アーサーにとっては彼がずっと求めていたものへの解放なんだよね。彼の心の中での苦悩、喪失感、そして孤独が、あの瞬間にすべて晴れるわけ。映画全体を通して、アーサーは亡き妻との別れから立ち直れずにいた。そして、その悲しみが彼を亡霊の屋敷へと導いた。だから、ラストで彼が妻と息子と再会できるシーンは、彼の旅路の終わりであり、彼の内面の旅も終わるところなんだ。

この終わり方は、観る人によって受け取り方が異なると思う。悲しい結末と感じる人もいれば、アーサーと家族が最終的には一緒になれたことに救いを見出す人もいる。この映画がただのホラーではなく、深い感情を揺さぶる作品である理由の一つが、まさにこのラストにあるんだよね。

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』は、表面的な恐怖だけを楽しむ映画じゃない。深く考えさせられる、そして心に残る、そんな映画なんだ。ただ怖がりたいわけじゃなくて、もっと深い体験を求める人にぜひおすすめしたい作品だよ。

ほろほろ

『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』が現在配信されているか確認をお願いします。

¥1,673 (2024/03/18 04:16時点 | Amazon調べ)

-ホラー洋画