広告 ホラー邦画

映画『リング』あらすじと感想、ネタバレあり

リング あらすじと感想
ほろほろ

この記事では映画『リング』のあらすじ紹介と感想を書いていくよ

映画情報

  • 原題: リング
  • 公開年: 1998年
  • 製作国: 日本
  • 監督: 中田秀夫
  • 主要キャスト: 松嶋菜々子、中谷美紀

あらすじ

下のあらすじと同一内容ですので
お好きな方でご覧ください

「リング」は、ある都市伝説からスタートするんだ。話題は、視聴者を7日後に死に至らしめるという不吉なビデオテープ。そんな中、独身のジャーナリスト、浅川玲子がこの怪しいビデオの調査に乗り出す。彼女は真相を突き止めようとした結果、まさかの展開で自分自身がそのビデオを見てしまうんだよね。これで彼女、元夫の竜司、そして彼らの息子ヨウイチの命が急に危険にさらされることに。彼らは、この不可解なビデオの呪いの謎を解くために、7日間のカウントダウンが始まるんだ。

調査を深めていくうちに、ビデオテープには不気味な映像が記録されていて、それが超自然的な力を持つ少女、山村貞子に関連していることが明らかになる。貞子は、その特異な能力と悲惨な過去から、周囲の人々に恐れられ、疎まれていたんだ。玲子と竜司は、貞子の歴史を紐解きながら、彼女の怨念がビデオテープにどう影響しているのかを解明しようとする。彼らは、ビデオテープの謎を解く鍵が、貞子の過去に隠されていると気づくんだ。

物語が進むにつれ、ビデオテープの呪いに秘められた真実が徐々に明らかになってくる。玲子と竜司は、貞子の怨念がビデオテープに封じ込められており、それが見た人々に呪いをもたらしていることを発見する。彼らは、この恐ろしい呪いを断ち切る方法を見つけようと、時間との戦いの中で必死に手がかりを探すんだ。

そして、物語のクライマックスで、ビデオの呪いを解く衝撃的な方法が明らかになる。なんと、ビデオをコピーして他人に見せることが呪いを止める唯一の方法だったの。玲子は、自分と息子の命を救うために、この方法を選ぶことにする。しかし、この選択が新たな呪いの連鎖を生み出し、恐怖は終わらずに次の犠牲者へと引き継がれてしまうんだ。

「リング」は、ただ恐ろしいだけじゃなく、物語の奥深さと予想外の展開が魅力的。この映画の独特な雰囲気と心を揺さぶるストーリーは、見る者を最後まで引き込む。少し昔の作品だけど、その魅力は今見ても全く色褪せないんだよね。

感想

この映画の一番の魅力は、なんと言ってもそのストーリーのオリジナリティ。ビデオテープを見たら7日後に死ぬっていう都市伝説みたいな設定、当時としてはかなり衝撃的だったよね。昔のホラー映画って、お化け屋敷みたいな感じで、怖いけどどこか懐かしい…っていうのが多かったけど、「リング」は完全に現代的な恐怖を提示してくれたんだよね。

それに、この映画の雰囲気作りが本当に上手い。画面の色使いがどこか暗く、重たい感じで、不気味なビデオテープのシーンなんかは、見てるこっちがゾクゾクするくらい。サウンドもまた、じわじわと緊張感を高めるのが上手いんだよね。何気ない日常の中に忍び寄る恐怖って感じで、もうそれだけでゾッとする。

そして、浅川玲子というキャラクター。彼女がただのヒロインではないところがいいんだよね。一人の強い女性として、そして母親として、彼女の葛藤や決断が物語に深みを与えている。特に、彼女の探求心や行動力が、映画をただの怖い話から一つ上のレベルに押し上げているんだ。

貞子のキャラクターもね、ただの怖いお化けじゃないところがポイント。彼女のバックグラウンドにある悲しい話が、ただ怖いだけじゃなく、どこか哀れみや共感を誘うんだ。怨念が強いっていうのもあるけど、彼女の過去を知ると、ただの恐怖以上のものを感じさせられる。

クライマックスの展開も素晴らしい。映画が進むにつれて、どんどんと緊張感が高まっていくんだ。そして、最後のテレビのシーンなんて、もう言葉にできないくらいの衝撃だったよね。あれはホラー映画ファンなら誰でも一度は見るべきシーンだと思う。

「リング」はただ怖いだけのホラー映画じゃないんだ。心理的な恐怖や、人間ドラマ、そして現代社会への洞察が見事に融合している。そういう意味では、ホラーが苦手な人にも、映画としての魅力を伝えることができる作品だと思うよ。ホラー映画が好きならもちろん、そうでなくても「リング」は一見の価値ありだね。

ほろほろ

『リング』が気になった人はレンタルや配信サービスで視聴してね。次のページでおすすめの配信サービスを紹介しているよ。

ご利用の前に『リング』が現在配信されているか確認をお願いします。

-ホラー邦画